「オールイングリッシュで授業なんて出来ない」先生のお悩みへの対処法①

こんにちは、日野ゆう子です。

文部科学省の定める指導要領で、英語の授業が英語で行うことが推奨され、英語科の授業をオールイングリッシュで授業を行うという学校も増えてきました。

英語の先生を取り巻く状況

このような変化の時代にあって、現場の先生たちにかかるプレッシャーも大きくなってきています。

私の知っている多くの中学高校の先生は、生徒さんたちが受験等でよい成績をとって希望の進路に進めるように日々一生懸命指導方法を考えたり、宿題を考えたりとお仕事に真摯に取り組んでいらっしゃいます。

受験を中心に見据えた授業は、コミュニケーション力に直結するものではないかもしれません。でも生徒さんたちの将来のために頑張る先生方の取り組みはまず何をおいてもしっかり認められるべきだと私は思います。

さて、そういった前提の上で、時代の流れで「オールイングリッシュの英語の授業」の波に乗っていかなければならない場合、現実的にはどのようなことから取り組んでいくとよいのでしょうか。

オールイングリッシュの英語の波に乗るためにまず必要なこと

メンタルを整理する

まず必要なことは先生ご自身のメンタルの整理です。

出来ることと出来ないことの整理を行いましょう。

「英語を教えられる」ことと「英語が話せる」は別のスキルです。

いくら流ちょうに英語を話すことができる人でも、その人が中学生や英語や高校生に英語を分かりやすく教えられるかというとそうとは限りません。

逆に話すのがあまり得意でなくても、生徒さんにとって分かりやすい授業をする英語の先生もたくさんいらっしゃいます。

ご自身が英語を話すのが得意でないと自覚されている場合は「自分は英語を生徒に分かりやすく教えることが出来る」など、ご自分が今英語の講師として出来ることを整理、認識します。

そのうえで出来ないこと、これから取り組むべきことを考えます。「『英語を話すのは得意ではない』から、オールイングリッシュの授業に何とか乗れるように現実的な対策を練ろう。」という感じです。

この準備が出来たら、具体的にオールイングリッシュの授業に対応する作戦を練っていきます。

※具体的な作戦については次の記事に書いていきたいと思います。

HY英語コーチングでは学校や塾、英語指導をしているけれど「英会話が苦手」「英語を話すのが怖い」という先生のサポートも行っております。体験レッスンにてお問い合わせください。

英語コーチには守秘義務がございますので、安心してご相談ください。

最新情報をチェックしよう!