おすすめ!英会話力向上には○○を活用

PDCA

こんにちは、日野ゆう子です。

オンライン英会話のおすすめの使い方にも書きましたが、スピーキング力をあげるには、自分が今どのような英語を話しているかを自分で客観的に観察することが有効です。

多くの場合、私たちは自分がどのような英語を話しているか振り返る機会がありません。

クライアントさんに「自分の話している様子を録音して聞いたことはありますか?」と、お聞きするとほとんどの方の答えはNOです。

私も以前は「え、自分の話している内容を聴くの?無理です、恥ずかしいし聞きたくない。」と思っていました。ですが、その効果の高さを知って以来、録音&振り返りは毎日の学習に欠かせないものとなりました。自分の話す言葉を確認することで得られることがたくさんあるのです。

さてその録音について。

オンライン英会話で確認できるといいのですが、それが規約などで出来ない場合はスピーチ練習の録音をお勧めします。

スピーチと言っても堅苦しいものではなく、「昨日の夕飯について」とか「私の好きなテレビ番組」など、話やすい内容でOKです。タイトルを決めると難しいという場合は今日一日の出来事を話してもいいですね。

いきなり話すことに抵抗があるときは、話す内容を簡単にメモしてもよいです。それをもとに話す様子を録音します。

話してみると、「思っているように話せない」「これを言いたかったんだけどうまく言葉が出てこなかった」など色々とうまく行かないことが出てくると思います。初めのうちは、「こんな簡単な言葉もでてこない、いろいろ間違ってる!」と思うのが普通ですのでここであきらめず続けましょう。

録音してみて初めて気が付くけることがあります。そのことが大きな発見なのです。

例えば、「えー」「えーっと」「あー」など日本語のフィラーを使ってしまうなども、話してみなければ分からないことです。これに気が付ければ、日本語のフィラーをUh Well など英語のフィラーに変更させます。(フィラーは少ない方が良いとされますが、会話の最中に日本語がはさまることよりもずっと聞きやすくなります。)

自分はいつも疑問文を、疑問形を使わないで普通の文の語尾を上げて使っているなと発見する人もいるでしょう。(それでも通じますが、正式な場や立場が上の人にそれを使い続けると失礼な場合がありますので)その場合は、「次は疑問文は疑問形で言えるようにしよう」と、よく使う疑問文の個別練習を取り入れると、スピーチや会話でも口から出てきやすくなるでしょう

頭ではわかっていても口に出してみないと分からないことってたくさんあるのです。

一度アウトプットする→それを客観的にチェックする→改善をする(→もう一度アウトプットする)

ぜひ習慣にしてみてくださいね。

無料ダウンロード教材

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

・英語で会話をした後はいつも後悔や反省ばかり
ㅤㅤ
・会話中も細かいミスが気になって何度も言いなおしてしまう

・本当はもっと楽に、楽しんで会話をしたいのにそれが出来ない

・いつになったら自分の英語に自信がもてるのか分からない

・勉強しても練習しても英会話の伸びをなかなか実感できず苦しい

・・実はこれは全部、長い間私が英語を話すときに抱えてきた葛藤です。


実は外国語を使ってコミュニケーションをとる際には「英語を話すスキル」だけでは補いきれない「気持ち(=脳の状態)」が深くかかわってきます。

いくら英会話のスキルアップをしたとしても気持ちにブレーキがある(マインドブロックがある)と
ㅤㅤ
・自分の進歩に気が付けない、認められない

・自分にだめ出しをすることが多く、焦燥感が抜けない

といった状態から抜け出すことがなかなかできません。

でも、その反対にあなたにとってしっくりくる「コミュニケーションや学習を前向きに支えるマインドセット」を見つけて取り入れると

英会話の機会を楽しみ自分の成長を認めながら「聞く・話す」に直結するスキルそのものも効率よく伸ばしていくことができます。

このことに気が付いてから私は英語を学ぶことも使うことも、ずいぶん楽しんで行えるように変わりました。

また、自分にブレーキをかけることが少なくなった分効率良く力を伸ばせるようになったと感じています。
ㅤㅤㅤ
あなたがもし、かつての私と同じように英会話に葛藤を抱えていらっしゃるとしたらぜひこのワークであなたのマインドブロックを見つけてみてください。

そこには「あなたがもっと自由に話す」ためのヒントがたくさん眠っているはずです。

■無料ワークシート教材■

英語講師歴13年・英語教授法/上級言語コーチと見つける

5分でできる!

英語力が高く英会話が苦手なあなたが
もっと自由に話すための

英会話マインドブロック発見ワーク

コメント欄のURLからお申し込みで

すぐに教材をダウンロードしていただけます。

※画像をクリックすると無料シート申込画面にうつります。(お申し込後すぐに受け取れます。)