スピーキング力養成英語コーチ 日野ゆう子

 英会話学校や大学サテライト授業・個人レッスンにて通算13年・主に成人を対象にのべ2000人以上の指導を経験。TOEICや英検指導、発音指導など様々な分野でたくさんの方のスキルアップや目標達成をお手伝いしてきました。
私も大人になって英語のやり直しをスタートしました。中学生向けのドリルで勉強を始めてからたくさんの試行錯誤を経験しています。
 
現在は、私自身が長年苦しんだ「英検1級・TOEICのスコアは高いのに英語を思うように話せない」という経験から、英語力があっても英会話に苦手意識をお持ちの方のスピーキング力養成に注力しています。
 
英語を効率よく習得するために必要なの客観的な知識(英語教授法や第二言語習得論、脳や感情の仕組みなど)を取り入れ、個人的な勘や経験だけに頼らないトレーニングやサポートを大切にしています。

スピーキング力養成英語コーチをはじめたきっかけ

が英語のやり直しを始めたのは大学卒業後、大人になってからです。

 

こつこつ勉強をつづけてTOEICのスコアも900点を超え、憧れだった英検1級に合格しました。英語の講師としてTOEICなどを教えるようになります。

 

 

でも私のコンプレックスは「英語の講師なのに英会話が苦手」なこと。

 

 

教える仕事は大好きでしたが、周りを見れば英会話が流暢な方ばかり。

 

 

私はだんだん周りから「(英語の先生をしているのに)英会話はうまく話せないんだ・・。」と思われるのが怖くなって、人前で英会話をしなくてすむよう逃げるようになっていました。

 

そんな自分を変えたいと思いながら、どうすればいいか分からない日々の中であったのが英語コーチングです。

 

 

英語コーチングで練習をした3か月で得たスキルやマインドは、教材ジプシーをしながら停滞していた数年の何倍も密度の濃いものでした。

 

 

毎日の集中練習のおかげで私の英会話力は確実に上がり、英語を話すことに抵抗がなくなりました。

 

 

英語講師としてずっと欲しかった英会話力というピースがはまったことで、自己肯定感が上がり自信がつきました。

 

 

色々なチャンスを活かせるようになり、出会う人や見える世界が変わってきました。

 

 

今では世界各国の言語を教える先生たちと一緒に学ぶ勉強会に参加したり、海外講座で資格をとったり、英語で外国人の方にコーチングをしたり・・と以前では考えられなかったことに挑戦をしています。

 

 

正しいやり方で練習をすれば、時間やエネルギーを無駄にせず英会話力を伸ばすことができる。

 

英語力とバランスの取れた英会話力は自信や自己肯定感につながる。

 

身を持って体験をしたことで「私と同じようなお悩みを持つ方のサポートをしたい!」と強く思うようになりました。

 

これが、スピーキング力養成英語コーチとして活動するきっかけです。

 

受講された方よりいただいた英語コーチへのご感想の一部です

★私の課題を見極め、自分に必要な学習プログラムを提案し、ライフスタイルにあった学習法やスケジュールを組んでくださり助かりました。話すために必要なトレーニングをしっかり行ったことで自分の英会話力が上がったと実感しています。

★英語が話せるようになるために、自分が今どの立ち位置にいて、何が必要なのかを的確に教えてくださいます。先生とのトレーニングで得たことは何となくオンライン英会話を受け続けていた時間の何倍も濃く有意義なものになりました。

★毎日の学習報告にも細やかなフィードバックや指導があり、限られた時間の中でも効率よく楽しみながら目標達成できました。

★学習のやり方が大きく変わりました。例えばリスニングでは今までだと『聞けた、聞けなかった』だけに注目していました。

先生のご指導を受けたことでしっかり復習・分析する癖がつき、『どうして聞けなかったのか』がわかり、その対策をすることで聞き取れることが多くなりました。

★先生と一緒に学習することで(英語学習に対して)『不安・出来ない』というネガティブな気持ちから、『楽しい、もっと上を目指したい』というポジティブなものに変わりました。

★話しやすく、いつも親身に学習に対する質問や悩みを聞いてくださいました。『そんなことまで考えなかったな』と思うところまで掘り下げて聞いてくださるので思わぬ発見も多くありました。

資格等

・Advanced Certificate of Neuro Language coaching 上級レベル言語コーチ (国際コーチ連盟準拠)  
・VERSANST スピーキングテスト スコア70  
・英語発音指導士 
・TOEIC スコア940
・実用英語検定(英検)1級
・第二外国語としての日本語教育種専攻課程修了(日本語教師資格)
・中学校高等学校国語科教員免許
・TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages) 英語教授法 取得
・TEFL (Teaching English as a Foreign Language)英語教授法 取得

 

私自身はCEFAR C1レベルのスピーカーで、学習者としてのトレーニングも続けています。

もう少し詳しい話

TOEIC900を超えても英会話に自信の持てなかった私がスピーキング力養成英語コーチになるまで

「英語の講師なのにうまく英語が話せないと周りの人から思われたくない。」

 

「自分の英語は勉強の世界の中でしか使えないものなのかな・・。」

 

 

英会話力に自信の持てず私が、スピーキング力養成英語コーチとなるまでの道のりについてもう少し詳しく書いています。少し長いですが、よろしければご覧ください。

英語の講師なのに人前で英語を話すのが怖い

今はスピーキング力養成をサポートしている私ですが、自分の英会話力にはずっとコンプレックスを持ってきました。

 

 

こつこつ勉強を続け英検1級、TOEICも900点半ばの点を取得、TOEICを教えるなど英語講師の仕事をしていました。

 

でも、英語を話すときはいつも焦り、必死に聞き必死に話している。「英会話という作業」にものすごく体力を使っているような状態でした。


周りにはネイティブスピーカーや流暢に話せる先生(時には生徒さん)がたくさんいらっしゃる環境です。

 

 

英会話に対するコンプレックスはどんどん大きくなってきました。

 

「英検1級も持っていて、TOEICもおしえているのにうまく話せないんだ・・。」と思われたくない。

 

そんな自分を隠したくて人前ではできるだけ英語を話さないようになりました。

 

 

 英語が大好きで「英語は私の強みだ、特技だ」と思いたいのに、そう思えない。

 

本当は楽しいはずのコミュニケーションの機会や色々なチャンスがあっても(英会話ができないと思われるのが怖くて)避けてしまう。

 

そんな状況がとてもつらかったです。

 

英語のやり直しを始めたころ、TOEIC900 を超えたら、英検1級になれば英語はペラペラに話せるようになると思っていました。

 

でも実際はこんな状態・・。

 

英会話力アップのための教材や方法を探してもうまく行かず、「私の英会話力はずっとこんな感じなのかな。しかたないのかな。でも何とかしたいなあ。」そんなモヤモヤの中で何年もの時間が過ぎていきました。

昔の手帳を見てショックをうける

そんなある日、部屋の掃除をしているとふと、昔の手帳がでてきました。

 

 

何気なく中を見返していると、数年前に書いたその手帳のページには、

「英語をもっとスムーズに話せるようになる・人前でも慌てず話せるようになる」という目標が。

 

 

私は、その目標をみてショックを受けました。

 

 

そこに書かれていた目標は、私がその年に書いた目標と全く同じものだったからです。

 

 

「私は同じ悩みを抱えたまま、結局何年も変化しないまま、時間を過ごしてしまっていたんだ・・。今もあの時から進歩していない・・。」

 

手帳を前に、現実を突きつけられた思いでした。

 

「こんな気持ちを来年も再来年も同じように持ち続けるのはいやだ!変わりたい!」そう強く決心した瞬間です。

教材ジプシー→挫折のくり返しで焦る

それからは以前にもまして色々な方法や教材を試す日々が始まりました。

 

 

(周りの人に分からないように)インターネットで色々な情報をあつめては教材や方法を買ったり、練習したり。

 

時間もお金もかけて本当にたくさんのことを試しました。

 

 

頑張って勉強をしたので、本に載っている新しいフレーズや単語が頭に入ることもありました。

 

 

「知っていること」は増えるのですが、結局は英会話力そのものが上がった感覚を持つことはできませんでした。

 

オンライン英会話では解決できない何かにモヤモヤ

ネイティブの先生とのオンライン英会話もためしました。

 

 

確かに楽しいのですが、「短い会話をし、やりとりをして、知らない単語や発音を教えてもらい一緒に練習する。」というやり方では、根本的に何かが足りないとモヤモヤ。

 

 

私は講師なので職業柄、教材選びも、それを選び、学んで力にすることも得意なはずでした。

 

 

でも英会話ではそれがうまくいきませんでした。英会話はTOEICや英検と違って、つかみどころがないのです。

 

 

方法や教材を探すことで時間もエネルギーも使ってしまって、結局は今日も昨日と同じ私。

 

そんな状態を変える方法が何とかないか、ただただ悩む日々が続きました。

 

英会話を習いたいのではなく、英会話力をアップデートさせる方法が知りたい

一方、色々な方法や教材をさんざんを試すなかで、「私は英会話学習にいったい何を求めているのか」ということはクリアになってきました。

 

私が求めていたのはこんなことでした。

 

  • 私は英会話を習いたいのではなく、私の英会話力をアップデートさせるための方法と道のりを教えてもらいたい。

  • その方法は、かつて同じような悩みを持ち、すでに乗り越えられた日本人の方から習いたい。

  • 私の状態を俯瞰で見て、何が足りなくて、どうしたら英会話力そのものが上がって目標のところにいけるのか教えてもらいたい。

自分が求めることがクリアになり、条件を満たす方法を探し始めました。

英語コーチングと出会い、検討をくりかえす

条件をもとにいろいろと調べた結果、私のニーズには英会話学習を目標地点に向かってトータルでプロデュースしてくれる、英語コーチングがあっているのではと思うようになりました。


大手の英語コーチングスクールへの入会も検討をしましたが、

・指導される方が誰になるかは入会後にしか分からないということ

・コーチングスクールのコーチの募集要項は、求められる資格がTOEIC800 以上とされているケースが多いということ


ということが私の条件には合わず、個人の英語コーチの方を探すことにしました。

抱えていた重荷をやっと降ろせて楽になる

こうしてご縁があり、巡り合った英語コーチとのやりとりや練習がスタートしました。

 

 

英語コーチングをスタートしてまず思ったのは「課題が決められている事ってこんなに楽なのか。」ということです。

 

 

それまでは私は自分の英会話力養成を自分でプロデュースしなければなりませんでした。

 

 

自分に合う教材は何かを考えて、探し、口コミを見て、買い、一日に行う文量を決めてやってみる・・という作業を常に「これでいいのか?私にあっているのか?」という思いを抱えながら進んでいかなければなりません。

 

 

英語コーチングでは、それは経験あるコーチにお任せできます。学習が始まった後も、私の進捗を見ながら、必要な練習を必要なタイミングで都度投入してもらえます。

 

 

私がすることは目の前の課題だけ。私にとってはこのことが精神的・体力的にとても助かりました

 

余計なことを考えず、細切れを含め捻出した1日2時間をどっぷり英会話力アップに使うことができました。

英会話練習のつまずきや悩みを安心して相談できる

また、取り組みで詰まることがあれば英語コーチに相談をすることができます。

 

 

コーチもかつて英語や英会話で同じように苦労をされ、それを乗り越え、英会話力を身につけられた方。

 

 

だから「こんなこと聞いたら笑われるかな?」と思うような小さなことでも安心して自分の出来ないことや悩みを話すことができました。

 

 

「コーチ」という言葉は、名乗るときに規定はなく誰でも使うことができますが、私のお世話になった英語コーチはたまたまコーチングそのものの資格も取得しトレーニングを重ねられていました。

 

 

私は英会話に対してメンタルブロックもがっちりあったので、コーチと話す中でこのブロックを崩していく方法を整理できたこともとても助かりました。

 

 

また、自分一人では「絶対無理」とあきらめてしまうような負荷のかかる英会話の課題も、

・コーチと一緒に取り組んでみる

・少しずつできるようになる

・だんだんと「できること」が当たり前の状態になる

 

という体験を重ね、自分の枠をはずしていけたことも大きな収穫でした。

 

 

(この時の経験が、のちに英語コーチを目指す際に「私もきちんとコーチングについて学ぼう。」と思ったきっかけです。)

英会話用エンジンがアップデートされ、人前で話せるように

ずか数か月の取り組みでしたが、英語コーチと共にトレーニングを行ったことで、私は結果的に英会話力を大きく伸ばすことができました。

 

 

口から出てくる英語が以前より滑らかになり、英語を話すこと自体にかけていた体力がぐんと減りました。

 

その分「言いたいこと」「内容」に集中し、エネルギーを注げるようになったと感じています。


何だか英会話用のエンジンそのものがアップデートされが高性能なものに変わったような感覚でした。

 

何も進まなかった数年とこの3か月で得たことの差に驚く

の英語は完璧ではなく、たくさん間違え、そして失敗もします。

 

でも、その間違いも成長の過程と前向きにとらえられるようになり、人前でも変に意識せず自然体で話せるようになりました。

 

 

コーチング期間の最後には以前では到底考えられなかった英語のスピーチクラブ参加に挑戦できるまでに。

 

 

英語コーチング期間中は必死でしたが、修了後ふりかえるとスタート時とはまったく違う場所にたっているような気がしました。

 

 

それまで、教材をリサーチしては試してあきらめ、何も得られないまま何年も過ごしてきたのに。

 

この3か月でできるようになったことは、比べ物になりません。

 

 

私の人生を変えるきっかけを作ってくれた、発見と成長の時間となりました。

英語力が高くても困っている人達のサポートをすると決める

コーチング終了後、私はそれまでの自分自身の何年もに及び遠回りや失敗、そして英語コーチングでの経験を通して


「自分の英会話の問題とそれを解決するための方法が分かるだけで、効率よく英会話ができるようになる人がたくさんいる。今度は私が同じように悩んでいる方のサポートをしたい。」

 

「かつての私と同じように英語力の高く、会話が苦手で困っている方のスピーキング力アップのお手伝いをしたい。」

と強く思うようになりました。

これが、私がスピーキング力養成英語コーチとして学び、その後活動を始めるきっかけです。

英語コーチとしてのアップデート

それからは英語コーチとしての知識や経験を得るため、第二言語習得論・英語教授法のコースを修了しました。

 

また世界中の言語講師が集まるコミュニティーで、脳科学や言語習得、コーチングの理論を勉強、コーチングを実践し、上級言語コーチの資格を取得。

 

 

英語コーチングでよいものをお届けできるよう、現在も言語指導者や英語コーチ同志の勉強会にも参加をしたり、自分自身もコーチをつけたりと常に学びを深めるようにしています。

 

英語コーチの喜び

小学生のころから先生になるのが夢でした。それは、その時の担任の先生がいつも私をはげまし、応援してくれた原体験があるからです。先生が応援してくれることで、私は苦手だった科目が大好きになりました。

 

それから(国語科でしたが)教師をめざして大学生になって、色々なアルバイトをする中で4年間辞めずに続けたのは塾講師と家庭教師。その後日本語教師になり、英語の講師になり・・と場所や内容は違ってもずっと教える仕事を選んできました。

 

それは誰かが新しいスキルや力を身につけて、次のステップに進んだり、新しい世界のドアを開いていくを見るのが大好きだからです。

 

塾で教えていた小学生がつまっていた分数ができるようになって自信がついたり、受験指導をしていた高校生が希望の大学に受かったり、TOEICを教えていた生徒さんがスコアを出して就職できたり。

 

ひとつのドミノが倒れることで、次々と変化が起こります。

英会話のドミノが倒れると、起こる変化は世界レベル。色々な国の人たちと仕事をしたり、交流をしたり、学んだり選択肢の幅が国を超えて、何倍も広がります。

 

そんなドミノ倒しのサポートができることがすごくうれしくて英語コーチの仕事を続けています。

何年も同じレベルで停滞をしてしまう英会話力

語が話せるようになるためには英会話を繰り返せばいい とよく言われます。

 

また「とりあえず瞬間英作文をする」「シャドーイングを繰り返すと言い」等、断片的な情報のみがフォーカスされることも少なくありません。

 

感覚の優れた人の中には、そうやって英会話力を伸ばしていくことができる人もいるかもしれません。

 

ただ、残念ながら多くの人は、

 

会話の繰り返しで「英会話の雰囲気や感覚に慣れたり、知らない単語やフレーズを少しずつ覚える」という変化を得ることはあっても、本質的な英会話力を伸ばすことはできないままです。

 

断片的に何かを練習しても、それをどのように自分の話す力に統合するのか分からいまま、終わってしまいます。

 

そして、毎日更新される教材情報を見ては「自分にはこっちの方があっているんじゃないか・・」と不安になり、練習に集中できなくなってしまう。

 

そんな苦しさを抱えながら、何年もの間ほとんど同じレベルで停滞し、「思うように話せない」悩みやすっきりしない感覚を持ち続けているという現状があります。

 

最短距離で本質的な「話す力」を身に着ける

 

一方で、同じ時間やエネルギーでも、それらを「話す力をつけるための体系的な方法を知ることや、そのためのトレーニング」に計画的・段階的に使うことができれば、英会話力を着実に伸ばすことができるようになります。

 

 

相手の言っていることを焦らず聞けるようになり、自分の言いたいことが口からするする出てくる状態にむかって、ステップバイステップで英会話力を身に着けていくことが可能になります。

 

 

環境とステップさえあればもっと楽に力をつけられる

 

TOEICでハイスコアを取ったり、英検上位級を保持しているあなたは、英会話を身に着けるために欠かせない「目標にむかってこつこつ努力をする体質」をすでにお持ちです。

 

すでに努力家のあなたは、客観的にフィードバックを得られる環境と迷わず進める体系的なステップを手に入れることさえできれば、もっと楽に、効率よく英会話力を身に着けていくことができます。

 

スピーキング力養成のためのコーチングプログラムでは、この環境とステップをおひとりおひとりにあわせて下記のように提供しています。

 

①英語でどのようになりたいかのゴール設定と英会話力を伸ばすために優先して取り組むべきことは何かの客観的な診断

 

②そのために有効な処方箋(教材の選択やトレーニング法)の提示

 

③トレーニングの進捗や伸びを常に確認し、継続をサポートしたり見守るコーチの存在

 

方法や視点を変えるだけで得られる結果が変わります。

 

ステップバイステップで体系的に力を伸ばす

個別英語コーチングプログラムは、あなたが、ステップバイステップで体系的にスピーキング力を伸ばしていけるように作成されます。


①英会話力を支える基礎体力作り

英会話は下記のようなパーツで成り立っています。それぞれの力を伸ばし、高速で処理するためのトレーニングを行います。

①英語の音を認識する

②その音が伝える文の意味を理解する

③自分の意見を考える

④その意見を英作文する

⑤その文を相手に伝わるリズムと音で発声する

各パーツの力を統合、連動させる、すばやく反応する練習
あなたに合わせたトピックでのトレーニングや反射力を鍛える練習、さまざまな方法でのスピーキング練習を通して、あなたの言いたいことを脳内のストックで素早く組み立てながら口に出す「話す感覚」を養成します。

会話の実践、モニタリング、改善

①②で得た力を強化しながら実践の場にでる練習を行っていきます。モニタリング→改善のサイクルで、会話をまわす力と反応する力、対応する力を養います。


こうしてできた本質的な英会話力は、ビジネス・趣味・旅行・専門的な分野、よりナチュラルな言い回しなど、どのような英語にも共通するものです。


土台が出来たら、あとは必要な表現を随時取入れ、ご自分の必要な方向へ枝葉をぐんぐん伸ばしていくことが出来ます。

英語が話せるようになる3つの理由

スピーキング力養成のための個別英語コーチングで英語が話せるようになるのには3つの理由があります。

 

英語でなりたい自分の設定&英会話力を伸ばすために優先して取り組むべきことは何かの客観的な診断

プログラムの初めに、数年後英語でどのような状態になりたいか、具体的にイメージし、めざす方向をはっきりさせます。

 

 

また、あなたの英語の状態(強みやこれから伸びるポイント)を色々な角度から詳しく診断し、スムーズな英会話を妨げる「つまり」を発見します。

進捗に合わせた有効な処方箋(教材やトレーニング方法)の提示

 

あなたが英会話力を効率よく身につけるために必要なことを選択、学習の計画を立てます。

 

「つまりの解消」や英会話力を伸ばすために必要な教材や具体的な練習方法などをあなたのご状況や進捗・生活スタイルに合わせて取り入れます。

 

診断や処方箋の提示・サポートのベースには、

 

・第二言語を習得するためのメカニズム

・脳や感情の動きについての研究

・英語教授法

 

など客観的なデータや知識を積極的に取入れています。

 

実践的なスピーキング力の養成とコミュニケーションのためのマインドセットの取入れの両面において、個人的な経験や勘・指導経験だけに頼らないサポートを行います。

トレーニングの進捗や伸びを確認し、継続を見守りサポートするコーチの存在

 

英会話の力をつけるためには、継続をして練習をすること、学習や練習を習慣化させることが大きなカギとなります。

 

 

毎日の進捗報告や内容のチェック、7日~10日に1度のコーチとの面談で振り返りの機会や学習のペースづくりを行います。

 

 

振り返りにはコーチングの要素を多く取入れ、あなたご自身の行動力や気づきを引き出すことを大切にしています。

 

(コーチの日野は、国際コーチング連盟ICF 認可の海外コースを修了・上級言語コーチの資格を有しています。)

 

科学的・言語習得の研究に基づいた英会話力づくりのためのオリジナルプログラム + 英語テストのスコアが高い方ならではの共通の強みやお悩みを押さえ、おひとりおひとりにカスタマイズした丁寧なサポートで話す力を引き出します。

英語コーチングを試してみる

スピーキング力養成のための英語コーチングがどのようなものかもっと知りたい という方は体験セッションにお申込みください。

 

体験セッションでは、「英語が話せるようになる3つの理由」のステップ①のうち英語でなりたい自分の設定を行えます。

 

目指すイメージがクリアになると、方向性が決まり、大切な時間やエネルギーを無駄にせず使えるようになります。

 

体験セッション(90分)でできること

 

1)ご自分が目指したいゴールとそこに至るまでのステップが明確になります。

数年後、英語でどのようになっていたいのか、どのような人生を送っていたいのか。質問を通して具体的にしていきます。

 

ご自分のこれまでやこれからを言葉にだして整理する過程で

「今まで気が付かなかったけれど、自分は本当はこう思っていたんだ。」
「実はこちらの方が大切だったんだ。」とご自身の想いや優先順位に初めて気が付かれるかたも多くいらっしゃいます。

 

ゴールが明確になったら、そこから逆算して必要なスキルや通るべきステップの洗い出しを行っていきます。

 

2)英語学習についてのご質問やお悩みについて相談することができます。

 

これまでの学習や勉強方法について、疑問に思われること、ご相談などがあればお気軽におたずねください。

英語コーチング受講のご感想

語コーチングを通して、自分一人では気づけないような新たな発見がたくさんあります。勉強方法に悩んでいたり、独学で伸び悩んでいたりする方には特にピッタリだと思います。⇒詳しいご感想はこちら

M・K様 (スピーキング力養成のための英語コーチングスタート時 英検1級をお持ちの受講生の方です。)

語学習には、ある程度まとまった時間を一定期間費やすことは必須だと思います。学習の第一歩として、学習の習慣化や効率的な学習方法等、コーチングで一度道筋を見つけ、その後の学習に弾みをつけるのは非常に有意義だと思います!⇒詳しいご感想はこちら

T・K様 (スピーキング力養成のための英語コーチングスタート時 TOEIC805点をお持ちの受講生の方です。)

その他これまで英語コーチングを受講された方のご感想(一部)はこちらよりご覧いただけます。