力を伸ばすオンライン英会話の○○機能

プログラム

 

プログラム

こんにちは、日野ゆう子です。

オンライン英会話を利用するとき、どのようにレッスンを受けていますか?

オンラインレッスンを活かす方法は色々あるのですが、その中の一つに「レッスンの様子を見返す」ということがあげられます。自分のことを客観的に見る機会を設けることは学習を効率よく進めるために有効なステップだとされています。

録画機能があるならどんどん活用しよう

オンライン英会話レッスンの中には、レッスン中の様子が録画されていて後で復習閲覧可能になっているところもあります。この録画機能を利用します。

Camblyなどにはこのサービスがあり、私もよく利用しています。

(※オンライン英会話レッスンの規約で録画や録音が禁止となっているところもありますから、機能がない場合は予め確認が必要です。規約に無いところも、録画や録音は必ず先生の許可を得てからしましょう。)

録画を見直すと、色々な発見があります。

オンラインレッスン録画の見直し方

例えば、その時はいっぱいいっぱいで気が付かなかったけれど、相づちのパターンが1つしかないな、とかうなづく回数が極端に多いな、とか yeah ばっかり言っているな・・など。

これは宝の山です。

相づちのパターンが少なければ、相づちの種類を書き出して、練習をして次のレッスンでは使うものを付箋に書いて望みます。

うなづくことが多ければ、ネイティブスピーカーのインタビューを見て、どのような姿勢で受け答えをしているのか(うなづいているか否かも含めて)見てみます。

yeah ばっかり言っているのはなぜか、①分かっているけれどよい返答の仕方が分からない場合は、自分がどのような発信をすればよかったのかを見直します。

②もし、相手が言っている意味が分からなくて、分かったふりをするためのyeahならば、リスニング力そのものを鍛える練習が必要です。

良いところを見つける効果

「あの時は焦っていたけれど意外と言いたいことが言えているな」などうれしい発見もあるかもしれません。

これも忘れがちですが、私たち日本人はこれまでの英語教育の影響で自分に厳しくダメ出しをするところがあるので、自分の良いところも積極的に見つけるようにしましょう。

自分の進歩を感じると学習が楽しくなります。この「できた、楽しい」というのは学習を継続するための大切なモチベーションになります。

レッスンを受けているときは話すこと、先生とのやり取りでいっぱいいっぱいのことが少なくありません。

何か言いたいことがあっても言えなかったり、「こういえばよかった」とその時は思ったとしてもレッスンが終わった後は、ほっとしたり疲れたりでそういうことを忘れてしまったりもします。

レッスンが終わって、もう一度見直しをすることで、オンライン英会話をさらに活用することが出来ます。HY英語コーチングではオンライン英会話受講を効果的に利用しながらの英会話力サポートも行っています。

詳しくは体験セッションにておたずねください。

 

 

プログラム
最新情報をチェックしよう!