大統領選の背景知識をドラマで楽しく抑える

こんにちは、日野ゆう子です。

アメリカ大統領選挙の日が近づいてきました。トランプ大統領コロナウィルスの報道で今後の行方がさらに注目をされています。

 

ニュースで選挙報道を聞く機会も増えましたが、「日本の政治の仕組みと違うからちょっと良く分からない・・」そう思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな時にはこのドラマ VEEP がおすすめです!

https://www.youtube.com/watch?v=0UQPI4TAkfo&list=PL0159BB2788742889&index=2

 

Wikipediaより引用

’’『Veep/ヴィープ』(原題: Veep)は、アメリカ合衆国政治風刺コメディードラマ。架空の副大統領である主人公セリーナ・メイヤーの政治ゲームを描く[1]。シーズン7まで制作され、アメリカではHBOで2012年から2019年まで放送されていた。”

 

”番組は批評家から賞賛を受け、プライムタイム・エミー賞コメディ・シリーズ作品賞を3年連続受賞するなど、数々のアワードを獲得した[2]。’’

 

Amazon primeでは無料で全シリーズ(日本語字幕あり)を見ることが出来ます。

ドラマの途中から副大統領から大統領へと立場が変わるセリーナ。

副大統領と大統領の関係や、議員との関係、議会での舞台裏などコメディーでありながら、「本当にこれに近いことありそう・・」と設定が妙にリアルで、面白くて私は全シリーズ夢中で見てしまいました。

ちなみに今日討論会があった「副大統領」の指名のポイントは、ドラマの中では政策でも人柄でもなく、潔いまでに「どうやったら世間に受けるか?」にこだわる様子が表現されていました。


イメージアップのために一瞬で表情や話し方を変えるところや(本当にこんなシーン多いんです。)特にドラマの後半、大統領選に出ることにしたセリーナが根回しに奔走する姿などは、一瞬リアリティーショーかと思ってしまうほどです。

もちろんドラマなので、大げさに面白く書かれているところが多いのだと思いますが、それでもシリーズを見つづけるうちに、アメリカの政治の仕組みや選挙の構造、それを支える人たちの知識がどんどん増えてくるので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

クライアントさんと一緒にリスニングで聞けない部分をチェックすると「そもそも内容が日本語でもよく分からない(から英語で聞いてもよく分からない)」ということも多々あります。

これを解消するには背景知識を増やすことが大切です。ドラマを楽しく活用しながら背景知識を増やす方法、おすすめです。