留学すると英会話ができるようになりますか?

こんにちは、日野ゆう子です。

英語のやり直しを中学生英文法から始めたあと、私は市橋敬三先生の「話すための英文法シリーズ」で瞬間的に英作文を作る練習を繰り返した時期があります。(今では装丁が変わりましたが、私が使っていたのは旧版です。)

その はじめに のところに、海外で何十年もすんでいる方の英会話についてのエピソードがのっていて、それがとても印象的だったので今でもよく思い出します。

結論から言うと、「英語圏に何十年も住んでいる人でも、単語や生活に必要なフレーズだけを使って過ごす人もいる。そういう場合は英会話力の点からいうとずっとそのままで、伸びはない」というお話でした。

「留学をすると、海外生活をすると英語が話せるようになりますか?」「英会話がうまくなるには海外に行かなければならないのかなあ。」こんなお悩みのご相談を受けることがよくありますが、これについても同じことが言えると思います。

また英語圏に留学をしたり生活をすると、英語を話す環境がふえます。英語を話さなければならないことも日本よりは多くなりますよね。

英語を耳にする機会も格段に増えるでしょう。通りを歩いていても聞こえてくるのは英語が主になるはずだし、家に帰ってテレビをつければ英語の放送が流れるはずです。日本にいる時よりもインプットの量は増えると思います。

インプットの量が増えることはとてもいいことですし、そのような環境面では恵まれることは間違いないのですが、じゃあそこに身を置いたから自然に話せるようになるかと言えばそれは残念ながらそうではありません。

大人の場合、英語環境にいるという理由だけで英語がうまく話せるようにはなりません。

自分から発するには英文の型が自分の中に入っている必要があります。そして自分の伝えたいことのイメージに合わせて、瞬時に取り出せるようにする練習が必要です。

また、取り出した英文を口から発した時にその英文が相手に伝わらなければなりません。

聞いて分かる と 自分で言える は一見、同じようなイメージがするかもしれませんが、実際にはこの間を埋めるための練習が必要です。そしてこの練習は海外に行かなくても、もっと言えば(留学前の人は特に)日本にいても十分に済ませておける練習です。

逆に言うとこの練習をしないまま海外に行っても、海外滞在中のどこかの段階で時間をとってこの練習をする必要性が高くなるでしょう。

日本でも英語を話す力は十分養成可能  ⇒  もしも海外に行く機会があれば、英語を聞いたり話したりする機会を積極的に利用してさらに力を伸ばす というのが理想的です。

HY英語コーチングでは時間を有効に使うためのスピーキング力養成のサポートを行っております。詳しくは体験セッションにておたずねください。

最新情報をチェックしよう!