スピーキング力UPを目指す英語指導者の方の変化

先週から始まった英語指導者の方の英語コーチングは、スピーキング力アップを目指してオリジナルプログラムで行っています。

(こちらの内容はクライアントさんの許可を得て掲載しております。)

毎日ラインでスピーチを上げていただき、チェックをすることから練習をスタートしています。1週間で「英語を話すこと」への抵抗がずいぶん薄れてきたとおっしゃいます。

実はこの、英語を話すこと、誰かに聞いてもらことのシチュエーションをつくること、それに慣れることってとても大切です。

私自身もそうだったのですが、特に学校の先生や英語の指導をしている方、TOEICの点が高い方など、周りから英語ができる(=ぺらぺら話せる)と思われている人には、「人前で英語を話して失敗するのが怖い」気持ちを抱えていらっしゃる方が多いのです。

周りの期待(ペラペラ)ほどうまく話せない、話して周りから評価されるのが心配など・・・それでかえって「人前で話す」という作業から遠ざかってしまいその能力を伸ばす機会がないままになってしまう。

それはとてももったいないことですが、新しいことを始めるのはやっぱり勇気のいることです。

スピーキング力UPのための英語コーチングではまず、話すことへの抵抗を減らすことから。

そして、スピーキングをより豊かにするために文法の補強や、構成の補強などさまざまなスキルアップなど、そのクライアントさんにとって必要な課題を投入していきます。

最新情報をチェックしよう!