聞き流しとリスニング力の関係

聞き流しで出来ること出来ないこと

「聞き流しで英語はうまくならない。」

時々聞くフレーズですが、私はこれは半分間違い、半分正解だと思います。聞き流しは、何を伸ばしたいか、そのスキルによって有効になる場合とそうでない場合があるのです。

聞き流しで伸ばせるのは英語のリズムに対する感覚です。「なんだ、それだけか。」と思われるかもしれませんが、英語のリズムは日本語のリズムと違うので、英語のリズムの感覚に慣れるということは実はとても大切なことなのです。

人は違うもの、慣れないものには警戒をしてしまいます。普段から英語の音やリズムを耳にすることで、英語が自分にとって「異物」ではなくなる。

それは聞き取りのベースとしてとても大切なことだと思います。

聞き流すだけでリスニング力は上がる?

では、聞き流すだけでリスニング力はどんどん上がるのでしょうか。

残念ながら答えはNOです。

文で読むと分かるけれど、音だけが流れてくると理解が出来ないという場合は、考えている音のイメージと実際の英語の文の音に差があることを示します。

「この文ならこう聞こえるだろう」というあなたの中にある音のイメージが実際の英語の文と違っているのですね。

「なぜこの部分はこう聞こえるのか?」を解明しないまま、文を大量に聞いてもなぞはなぞのまま、その謎はまた他の場所でも持ち越しをされ、分からない経験が重なってしまいます。

そのような場合にはリスニングの公式の適用が必要です。

リスニングの公式の抽出

英語学習コーチングの学習者の方とは、聞こえた音と想像をしていた音のすり合わせをしながらこの公式を確認していくのですが、独学で練習をされる場合は、文を何度も何度も注意深く聞いてみることで公式の抽出が可能です。

スクリプトと文を見て、「(こう聞こえるはずなのに)違う!」という部分をチェック。なぜあなたの想像と、実際の聞こえ方が違うのかを確認してみてください。

何度も繰り返すうちにパターンが見えてくるはずです。リスニングにお悩みの場合は試してみてくださいね。

※この時聞く文章はあまり複雑でないものを選ぶようにしてください。これは難しい単語や言い回しに意識を置かず、純粋に音に集中をするためです。

最新情報をチェックしよう!