洋画を使ったリスニング対策、落とし穴は○○

今日は洋画や海外ドラマでリスニングを学ぶことについて書いてみようと思います。

よろしければ洋画や海外ドラマで英語を学ぶこちらもご覧ください。

洋画やドラマは生の英語の宝庫、ステップを踏んで使えばリスニング対策にもとても有効です。

洋画やドラマを使ってのリスニング力UPには色々な方法がありますが、まずは下のステップで取り組んでみてください。

① 日本語字幕で内容を確認 ⇒ 英語字幕で内容を確認(意味の分からないものをつぶしておく)
② 英語字幕に目でついていけるようにする
③ 英語字幕をオフにして(もしくはオンにして見ないようにする)音を聞く ⇒ 聞き取れないところだけ字幕で確認
④ ③を繰り返す

注意すべきこと

よく私たちがはまってしまう落し穴があります。

それは、「日本語字幕で洋画を見て、なんとなく聞こえたところだけ聞いて満足をすること」 です。そうならないためにはまずは下準備が欠かせません。

洋画を使ってリスニングを伸ばすと決めた場合は覚悟をきめて、意識的に取り組んでいくことが必要です。

逆に、洋画鑑賞・楽しみのためならどのように見ても聞いても問題ありません。あくまでもリスニングに使うときのヒントですので、楽しみやリフレッシュの時は思い切りご自分の好きな方法で楽しんでくださいね。

最新情報をチェックしよう!