英会話に苦手意識を持ちながら話をすると起こることは?

英会話に苦手意識を持ちながら会話をすると

こんにちは、日野ゆう子です。

「英会話が苦手」と思っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。

特に「英検準1級、1級を持っているのに、TOEICでハイスコアをもっているのにうまく話せない。」というお悩みをお持ちの方は、英語を話している最中にご自分で「だめだ、だめだ」と思いながら話をしているケースが多くあります。

この「だめだ、だめだ」がさらに悪循環を引き起こします。

「だめだ、だめだ」が起こす悪循環

英語力が高い方は、自然と文法や単語のセルフチェック機能も発達します。それ自体は良いことなのですが、そのチェック機能を会話の途中にフル稼働させるとこんなことが起こってきます。

 

話しながら、「あ、ここを間違った」「この時制はこういわないといけなかった」自分の口から出た文法や語彙選択の間違いが不安になります。

何度も言い直します。(この時点で、「何度も言い直してしまった、だめだ、だめだ」という思いはさらに増します。)

相手の話に集中が出来なくなります。

相手が何を言ったか分からず、聞き直します。(この時点で「だめだ、だめだ」という思いはさらに増します。)

会話中のセルフチェック機能をオフにするには?

スピーキング力を伸ばすのには、時間を使って練習をする必要があります。

一方、この「だめだ、だめだ」の悪循環をストップさせるのには時間はかかりません。

まずは気が付くこと

必要なことは、まず「自分がダメ出しをしながら話をしている」と気が付くことです。

そして、「その頻繁なダメ出しは会話に悪影響を与えている」と自覚することです。

そのうえで、「会話中にダメ出しをしそうになったらどうするか。」「どのように会話に集中すればいいか。」の方法を考えてみることをお勧めします。

反省や、チェックは英語力を伸ばす力になります。

会話が終わって振り返り、出来なかったことをもう一度復習することはとても大切ですが、そのことと「会話中のダメ出し」はまた別のものだと抑えることでご自分にとって少しでも楽に話せる環境を整えていきましょう。

最新情報をチェックしよう!