英語コーチング初回に決めること

こんにちは、日野ゆう子です。

今日は英語コーチングの面談2件+英語レッスン2件があり、今それぞれのクライアントさんの進捗や内容についてまとめ終わり、ひといきついているところです。

英語コーチングを今日からスタートされたクライアントさんとは、これから3か月学習の伴走をするにあたって約束や「こんな場合はどういうサポートがしてほしいか?」などを決めていきます。

「最初にこんな風にルールが決まっていると気を遣わなくていいし、安心して取り組みやすいですね!」今日のセッションではそのようなご感想をいただきました。

3か月間、毎日一緒に学習に伴走するためにはこのルールがとても大事だったりします。

どのように学習したいか?

どの時間に学習をすると一番効率が良いか?集中できるか?

クライアントさんによって自分が心地よく(決して怠けるということではなく、効率よく学べるかです。)学習を進められるパターンというのは異なります。

それを全く無視して、「こうしなさい」「うまくできていなくてだめですよ、どうしてですか?」と問い詰めたり、押し付けたりすることをすると、最初の数週間はそれで何とか回ることがあっても、学習自体が苦痛になったり、やらされている感で内容がしっくり入ってこなくなったりという弊害が出てきます。

「嫌な物だ」「つらいことだ」と脳が判断すると、シャッターが下りてしまって必要な内容が頭に入ってこなくなるのです。

英語コーチはクライアントさんが目標を達成することをサポートすることが仕事なので、「目標を達成する」ために動きます。

その目標を達成するためには、もちろんクライアントさんにとっていつも「楽しい」「わくわくする」勉強ばかりではないかもしれません。負荷がかかったり、頑張らなければならないことも含まれてくるでしょう。

そんなときに、その作業を「どうやったら前向きにとらえられるか」「どのようにしたら頑張って取り組めるようになるか」がとても大切になります。

おひとりおひとり違う道のりを一緒に考え、それを乗り越え、効率よくステップアップさせるのか。

英語コーチングではそれを大切に毎日をサポートしていきます。

「独学で学んでいるけれど、なかなかうまく実力が伸びない。」

「するべきことは分かっているのに、それに取り組めない。」

そんなお悩みをお持ちの方は体験セッションにてご相談ください。

最新情報をチェックしよう!