○○を集めることから始める大人の英会話力づくりとは?

英会話力養成のための練習の時間が作れない時は?

こんにちは、日野ゆう子です。

「英会話力をつけたいけれど時間がない」大人の学習者からよく聞くお悩みです。残念ながら、英会話力養成には時間が必要です。

英語コーチングでは毎日1時間30分~の時間をかけることで色々な変化が感じられるようになるとお伝えしています。時間をどうねん出するかの工夫も、も英会話力養成にはとても大切です。

細切れの時間集めを意識する

私たちは、学生時代の影響でどうしても「学習」=机に座ってする と思いがちです。そして、これに当てはまらないものは学習とカウントできない という風に思い込んでいらっしゃる方もいらっしゃいます。

スピーキング力を養成するための練習は、机に座って行わなければならないものばかりではありません。

正確に言えば、机に座ってじっくり取り組むと良いもの、通勤など隙間時間を利用して効率よく済ませるのに適したものの2種類があります。

例えば、シャドーイングのための下準備など(元音声をじっくり聞いて特長を取ったり、意味を取ったり)は落ち着いた環境で行う方がよいでしょう。

いったん下準備が出来れば、歩きながらシャドーイングをすることもできます。単語を高速でチェックしていく といったことは毎日の5分、10分を活かすことで気が付いたら今日のノルマが終わっていたりします。

大切なことは「じっくり取り組むもの 細切れの時間で取り組むもの」を自分の中でしっかり分けて置き、時間が空いたときにすぐに取り組める状態にしておくことです。

5分~10分で取り組めるものをストック、必ずカウント

まず、5分、10分間が空いたときに何をするか決めておきましょう。毎日お仕事や家事で忙しい英語コーチングのクライアントさんとは、このセットをあらかじめ決めています。(中には10分セット といってバッグにその教材を入れてすぐに取り出せるようにセットしていらっしゃる方もいらっしゃいます。)

そして学習を行ったら必ず「何ができたか」振り返って、学習にカウントしてください。

ご自分で「5分だったけど単語を20個高速で見直せた」とか「短いシャドーイングを1個できた」「ワンパラグラフ、意味を考えながら音読が出来た」と出来たことを振り返ることで、成功体験の積み重ねをすることが出来ます。

1日10分は1か月で5時間に

5分、10分も侮れません。10分の学習を1か月続けると合計は5時間になります。

それに短時間勉強は「時間内に済ませてしまおう」という気持ちが働くので、集中して取り組みやすいという側面もあります。

結果として濃い5時間を学習に充てられたということにもなるのです。

机にしっかり座って行う学習と、ながら隙間の5分、10分学習うまく組み合わせてメリハリをつけながら学習を続けると効率よく成果を上げることが出来ます。

「イレギュラーなことが続いて勉強が中断してしまう、なかなか学習が続かない。」そんなお悩みをお持ちの方はぜひ試してみてください。

HY英語コーチングではスピーキング力養成のために効果的な時間づくりのお手伝いも行っております。詳しくは体験セッションにてご相談ください。

最新情報をチェックしよう!