英語教材の口コミが気になったときは○○をチェックしよう

こんにちは、日野ゆう子です。

本屋さんに行くと、たくさんの英語教材の本があります。そしてさらに毎月のように新刊が出ていて、それをチェックしているとあっという間に時間がたってしまいますよね。

インターネット上でもたくさんの教材や、勉強法の紹介がされています。

ネット上では特に色々な教材の口コミも見ることが出来ます。口コミを見ているとどれもよさそうで、もう、全部買って試してみたくなったりする!という方も多いと思います。

教材を選べることはぜいたくなことではありますが、その分選ぶときに基準を持っていることも必要になります。

教材の口コミが気になったときに、チェックすべきポイント

「どんな教材を買えばいいですか?」と尋ねられた時に、状況やレベルにかかわらず、いつも私がお伝えしているのは「教材を選ぶときには、その本や勉強法が「個人的な成功談」だけに内容が偏っていないかを確認してみてください。」ということです。

英語の学習本の中には「オレが成功したんだから、キミもきっと話せる!」というような個人的な経験をもとにして執筆された英語の勉強法を紹介した本もあります。

こういった本は、読み物としては面白いものも多いのですが、個人的な経験はうらをかえすと「その人だからできた」「たまたまやり方がその人にあっていた」ということにもなります。

英語学習者といっても、その人の置かれているレベルや状況、得意・不得意なアプローチはそれぞれ違うので、他の人の個人的な成功談の真似をしても「自分とは合わない」ということがよく起こってしまいます。

教材を選ぶときは、①理論がしっかりしている②多くの人が試して結果が出ているもの を一つの指針にすることをお勧めします。

もちろん、個人的なストーリーの本がすべて悪いわけではありません。具体的な学習法の参考というよりは「モチベーションを上げるためのヒントをくれる読み物」としてとらえておかれるとよいでしょう。

英会話の教材選びでに煮詰まったときにはぜひ参考にしてみてください。

HY英語コーチングでは、英会話力を上げたいけれど何から手を付けてよいか分からない、教材選びに迷ってしまっていつも中途半端に終わってしまうという方の英会話力アップのサポートを行っております。詳しくは体験セッションにてご相談ください。

最新情報をチェックしよう!