話せるようになった時こそ注意!○○に気を付けて

こんにちは、日野ゆう子です。

日本語を教えていた時の出来事

私が日本語教師として外国の方に教えていた時、話は流暢にすることが出来ても、目上の人や先生もファーストネームで読ぶ生徒さんがよくいました。(特に来日したての人に多い。本人は全然悪気はなく、自国の文化をそのまま当てはめているだけです。)

また、「どうして日本の人は、ほめているのに『いえいえ』とか『まだまだです』といったりするんですか?『ありがとう』と素直に言わないんですか?」というのもよくある質問あるあるでした。

外国語を身に着けると同時に、その国の文化や思考のパターンを知り、気を付けることはとても大切なことです。

前出の例では、日本語を流ちょうにはなしながらも目上の人にファーストネームを呼び続けていると「失礼な人だ」と思われる危険性もあります。日本ではよくみられる謙遜の文化を知らないままだと、相手のことを「自分に自信のない人だな」と誤解してしまうかもしれません。

言語の背景にある異文化についても積極的に知り、必要に応じて取り入れていく姿勢を常に持っておきましょう。

意見の述べ方にも違いがある

日本語と英語を比べるとき、意見の述べ方にも違いがあらわれます。

ものすごく簡単に言ってしまうと、英語は 結論 → 理由 → 理由 →理由 → もう一度 結論  という型で進むのが基本です。日本語は前置きがあり、結論が一番最後に来ることが多いですね。

英語がずいぶん話せるようになっても、日本語型の話し方で話をしている人はたくさんいますが(私もその一人でした。)この話し方をしていると相手にストレスを与える可能性が高くなります。

日本風の意見の述べ方をしていると起こる弊害

相手は初めに結論を期待しているのに、なかなかそれが出てこない。文化の違いから来ている順番の違いだとはと分からない人の方が多いので、「この人の話分かりにくい・・」と無用な誤解を生んでしまいます。せっかく頑張って英語を身に着けたのにそのような誤解を受けてしまうと悲しいですよね。

英語を使って話す場合は、英語の思考に従って話すことが大切です。

言葉の背景にある文化もぜひ気を付けて過ごしていきましょう。

型を取り入れる練習

さてこの英語の話し方の型ですが、「なるほどね、結論から言えばいいんだ」と分かったからと言ってすぐに変更できないのが辛いところです。

分かっていても、それを体に取り入れて取り出せる状態にするためには練習が必要です。いきなり口で言うのが難しい人は、日本語でもいいので言いたいことを箇条書きにするところから始めてみてください。

私は日本が好きです。
理由1)・食べ物がおいしいから
理由2)・人がやさしいから
理由3)・四季が楽しめるから
だから私は日本が好きです。

こんな風に簡単なタイトルでいいので、それについて英語の型に当てはめ、文を書いてみましょう。だんだんこの構造に慣れてきます。

HY英語コーチングでは、スピーキング練習に英語の型で話すトレーニングも取り入れています。ご興味のある方は体験セッションにて詳細をおたずねください。

スピーキング力養成のための英語コーチング

・HOME
各種メニュー
プロフィール
・ブログ
・無料レッスン・プレゼント
・お問合せ

または info@kyoenglish.com
※お問い合わせには48時間以内にお返事を差し上げております。
返信が届かない場合はお手数をおかけいたしますが迷惑メールフォルダーをご確認ください。

 

最新情報をチェックしよう!