3か月集中トレーニングの特徴

①英語を体に落としこみ、一生「使える」スキルに変えます。

「知っている」を「使える」に。「聞く・話す」に直結するスキルを体に落としこむことで、場所やシチュエーションを問わず、自分の力で臨機応変に話せる本質的な英会話力を身につけます。

 

この力は自転車に乗ったり楽器を弾く力と同じく、一度習得をしまえばあとは一生使い続けることができます。継続的に英語に触れ、使うことでメンテナンスが可能、土台がしっかりとできるのでその後のスキルアップも楽になります。

「聞く・話す」に直結し、無駄がありません。

マンツーマンのトレーニングなので、あなたにとって優先度の高いことから取り組めます。また必要のないことには時間を使いません。

 

英語力が高く、すでに英文を日常的に読んでいる方は英語を処理・理解する土台をすでにお持ちです。そのため英語初中級者の方に必要となる下準備に時間を使うことなく、すぐにトレーニングに取り掛かることができます。

研究や理論をベースに学習効率を追求したトレーニングです。

トレーニングのベースには、言葉を効率よく習得するための研究や理論(第二言語習得論や英語教授法、脳や感情の動きについての研究等)、お一人おひとりの力を引き出すコーチング技法を積極的にとりいれています。

人によって効果の差が激しい個人的な経験や、たまたまうまくいった体験や勘だけにたよらない、効率よく力を伸ばすサポートを行います。

忙しい人でも負担が軽く内容の濃いトレーニングができます。

一つひとつのトレーニングにスキルを伸ばすための明確な理由があります。そのためすきま時間や短い時間でも、内容が濃い練習を積み重ねられます。

スクールによっては、1日に3時間、4時間の学習量を求められる場合もあります。
学習量が多いことに越したことはありませんが、毎日長時間の時間捻出は現実的に難しく、途中で挫折という結果にもつながりかねません。トレーニングは、すきま時間を合わせてトータルで1日80~90分程度で行えるようプランニングを受けられます。

受講された方のご感想より

「巷には、SNS、書籍、youtubeなど様々な学習法の情報があり、どれも良さそうに思えてしまいます。

 右往左往して、結局学習自体に時間を割けないのが一番勿体ないと感じたので、適切なアドバイスをくれるコーチの存在は重要です。」K様

「OEICは反復練習やテクニックを学ぶことで、比較的自学自習が可能だと思います。 しかし、スピーキングは、総合的なスキルを使える状態にまでもっていくことが難しく、練習相手も必要です。 自身の発話内容を適切にフィードバックしてもらうことで、加速度的に上達すると痛感しました。」T様

 

3か月集中トレーニングにご興味のある方は下のボタンを押して無料体験セッションにお申込みください。