たった2時間で?英語速読のスキルを身につける本

「英文がもっとすらすら読めればいいのに。」

「TOEIC長文が多すぎて、時間が足りなくなって焦ってしまう。」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?今回は速読について書いてあるこの本の内容がとても面白いのでお知らせしたいと思います。

SPEED READING 速読・・たった2時間で読み方と理解の仕方を学ぶ

洋書ですが、量も少なくてやさしい英語で書かれているので読書にもおすすめです。(Kindle Unlimitedはこちら

速読について色々なテクニックが書かれているので詳細はぜひ確認していただきたいのですが、今日は私がなるほどと思った部分を2つピックアップしてみます。

①鉛筆や指を使って読むスピードをコントロールする

鉛筆などで読んでいるところの下をに線を引いていくというものです。実際に線を引くのではなく、鉛筆を前へ動かしていくことが大切です。

前に動かすスピードを速めることで、スピードもコントロールできます。実際に私も試してみましたが、鉛筆のスピードに沿って目が動こうとするのでいつもより速く読めました。

※この方法、私は日本人にとってはもう一ついいことがあると考えます。それは、「返り読みの癖に気づく機会になること」です。

長文読解でネックになるのが、返り読みの癖です。

英語を英語の語順で理解するのでなく、英語を日本語の語順に落とし込んでから理解する癖がついている方は返り読みをしてしまいその分読解に時間がかかってしまいます。

鉛筆で前へ前へ進んでいくと、返り読みをしている人は鉛筆が止まるはずです。その場合は、英語を英語の語順のままとらえて読んでいく練習を取り入れましょう。

②声を出して読んでいないか気を付ける

知らず知らずのうちに英文を声に出して読んでいませんか?または心で声にして読んでいませんか?

これも時間がかかる要因になるそうです。心で声にして読む癖のある方は、意識してみてください。英語でピンとこない場合はまず日本語の文章で試してみることをおすすめします。面白い発見があると思います。

最新情報をチェックしよう!