洋画で英語学習「したつもり」を防ぐ4つのアプローチとは?

「洋画や海外ドラマで学習したい!」

そう思っていらっしゃる学習者の方も多いのではないでしょうか。

洋画も海外ドラマもとても便利で楽しい学習ツールですが、使い方にはちょっと注意が必要です。

映画もドラマも、もともとは娯楽のためにつくられたもの。ともすると内容を追うことに気が行ってしまい、「なんとなく雰囲気にひたった。」で終わってしまうこともよくあるのです。

それでは、映画やドラマはどのように英語学習に使うと効果的なのでしょうか?

それには目的をしっかり持って学習に取り入れることが大切です。

自分がこの洋画をみる目的は何か?をはっきりさせることが大事なのです。

目的別にみていきましょう。

①純粋に楽しんで外国の文化や音に浸りたい

→そのままでOKです。「勉強だ!」と考えず映画の時間を楽しんでください。(この場合は勉強しなくちゃ!という焦りを捨て、思い切り内容に浸りましょう。音声は英語で)

②発音やイントネーションを勉強したい

→英語字幕を見ながらリスニングやシャドーイング(早い場合は速度を落として再生します。)

「字幕ではよめるけど、自分の想像する音とずれがある」部分をチェック。その部分をよく聞き、自分でも滑らかに、タイミングがずれずについていけるように練習をします。

③単語やフレーズ・文法のチェック

→映画の内容を抑えておき、次に英語字幕でみます。知らない単語やフレーズ・文法が出てきたらストップ、チェックをして次に進みます。

④速読の練習

→英語字幕を読みます。映画は進行が速いので字幕も早いスピードで切り替わります。

文法構造を気にして帰り読みして・・・という理解の仕方をしているとあっという間に切り替わってしまいます。時間制限のある中で、英語の特徴である前から読んで理解するという作業を繰り返すと速読力が身に付きます。

※英語字幕の内容があまりにわからないものだと意味がなくなりますのでレベルに合わせたもので行いましょう。

もしくは③の後に行うというのもいいですね。

自分が何をしたいかによって同じ素材でも学習の方法が異なってきます。自分は何を伸ばしたくてこの映画を見ているのか、意識をして取り組んでいきましょう。

無料プレゼント

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

・英語で会話をした後はいつも後悔や反省ばかり
ㅤㅤ
・会話中も細かいミスが気になって何度も言いなおしてしまう

・本当はもっと楽に、楽しんで会話をしたいのにそれが出来ない

・いつになったら自分の英語に自信がもてるのか分からない

・勉強しても練習しても英会話の伸びをなかなか実感できず苦しい

・・実はこれは全部、長い間私が英語を話すときに抱えてきた葛藤です。


実は外国語を使ってコミュニケーションをとる際には「英語を話すスキル」だけでは補いきれない「気持ち(=脳の状態)」が深くかかわってきます。

いくら英会話のスキルアップをしたとしても気持ちにブレーキがある(マインドブロックがある)と
ㅤㅤ
・自分の進歩に気が付けない、認められない

・自分にだめ出しをすることが多く、焦燥感が抜けない

といった状態から抜け出すことがなかなかできません。

でも、その反対にあなたにとってしっくりくる「コミュニケーションや学習を前向きに支えるマインドセット」を見つけて取り入れると

英会話の機会を楽しみ自分の成長を認めながら「聞く・話す」に直結するスキルそのものも効率よく伸ばしていくことができます。

このことに気が付いてから私は英語を学ぶことも使うことも、ずいぶん楽しんで行えるように変わりました。

また、自分にブレーキをかけることが少なくなった分効率良く力を伸ばせるようになったと感じています。
ㅤㅤㅤ
あなたがもし、かつての私と同じように英会話に葛藤を抱えていらっしゃるとしたらぜひこのワークであなたのマインドブロックを見つけてみてください。

そこには「あなたがもっと自由に話す」ためのヒントがたくさん眠っているはずです。

■無料ワークシート教材■

英語講師歴13年・英語教授法/上級言語コーチと見つける

5分でできる!

英語力が高く英会話が苦手なあなたが
もっと自由に話すための

英会話マインドブロック発見ワーク

コメント欄のURLからお申し込みで

すぐに教材をダウンロードしていただけます。

※画像をクリックすると無料シート申込画面にうつります。(お申し込後すぐに受け取れます。)