英語上級者の「聞く・話す」に直結する力をつくる

Kyo English Labのブログでは、
英会話トレーニングに役立つ様々な情報を
発信しています。

洋画で英語学習「したつもり」を防ぐ4つのアプローチとは?

「洋画や海外ドラマで学習したい!」

そう思っていらっしゃる学習者の方も多いのではないでしょうか。洋画も海外ドラマもとても便利で楽しい学習ツールですが、使い方にはちょっと注意が必要です。

 

映画もドラマも、もともとは娯楽のためにつくられたもの。ともすると内容を追うことに気が行ってしまい、「なんとなく雰囲気にひたった。」で終わってしまうこともよくあるのです。

それでは、映画やドラマはどのように英語学習に使うと効果的なのでしょうか?

それには目的をしっかり持って学習に取り入れることがポイントです。

 

自分がこの洋画をみる目的は何か?をはっきりさせることが大事なのです。目的別にみていきましょう。

①純粋に楽しんで外国の文化や音に浸りたい

→そのままでOKです。「勉強だ!」と考えず映画の時間を楽しんでください。(この場合は勉強しなくちゃ!という焦りを捨て、思い切り内容に浸りましょう。音声は英語で)

②発音やイントネーションを勉強したい

→英語字幕を見ながらリスニングやシャドーイング(早い場合は速度を落として再生します。)

「字幕ではよめるけど、自分の想像する音とずれがある」部分をチェック。その部分をよく聞き、自分でも滑らかに、タイミングがずれずについていけるように練習をします。

③単語やフレーズ・文法のチェック

→映画の内容を抑えておき、次に英語字幕でみます。知らない単語やフレーズ・文法が出てきたらストップ、チェックをして次に進みます。

④速読の練習

→英語字幕を読みます。映画は進行が速いので字幕も早いスピードで切り替わります。

文法構造を気にして帰り読みして・・・という理解の仕方をしているとあっという間に切り替わってしまいます。時間制限のある中で、英語の特徴である前から読んで理解するという作業を繰り返すと速読力が身に付きます。

※英語字幕の内容があまりにわからないものだと意味がなくなりますのでレベルに合わせたもので行いましょう。

もしくは③の後に行うというのもおすすめです。

自分が何をしたいかによって同じ素材でも学習の方法が異なってきます。自分は何を伸ばしたくてこの映画を見ているのか、ぜひ意識をする時間をとってみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

あなたの英会話力づくりのヒントになればとてもうれしいです。

京都・オンラインの英会話 / 英語上級者の「聞く・話す」に直結する力づくりKyo English Lab

無料プレゼント

Facebookでシェア

関連記事

日野ゆう子

英会話学校や大学サテライト授業・個人レッスンにて通算14年・主に成人を対象にのべ3000人以上を指導。「先生なのに英会話が苦手」という悩みを長年抱え、試行錯誤のすえ乗り越えてきた経験から、英会話力づくりのサポートを行っています。ベースには、TESOL(英語教授法)や言葉を効率よく習得する研究(第二言語習得論・脳科学や心理学など)コーチング・異文化理解などを取り入れています。