英検受験:単語集選びのポイントは?

忙しい社会人の学習者の方に必要な単語集

英検受験をお考えの方に「単語集を選ぶとき、どんなものを選ぶといいですか?」とご質問をいただきましたので、今日は単語集の選び方について書いてみたいと思います。

今回、単語集を使う目的は、英検の希望級に受かることですので準1級なら準1級・1級をめざすのであれば1級のものを購入しましょう。

単語集を使わずに色々な教材、素材から語彙力をあげるという方法もありますが、忙しい社会人の学習者の方がが短期間で実力をつけるには、対策用の単語集を使ってテストに頻出の単語に強くなるということが不可欠です。

単語集を使った学習を整理する

英検合格を目指すための単語集使用の目的を整理してみましょう。

単語使用の第1の目的は、大問1の語彙力を問われる問題で正答率をあげることです。(もちろん単語力をつけると大問2,3・・と相対的に問題は解きやすくなります。)

大問1は選択式の問題で、選択肢の中から正解となるものを選ぶ力、もしくは選択肢の中から関係のないものを消していく力が必要です。

目標が英検合格なのであれば、その力をつけるために単語集を選ぶという視点が大切だと思います。

単語集選びのポイント

①自分の知っている単語とそうでない単語の選別をすること
②①で選別をした「知らない単語」をなくすこと

その確認がスムーズにできるものがお勧めです。

現在の単語集でいうとパス単やキクタンに代表されるような形式のものです。

①左側に英単語、その横に単語の意味の和訳 が載っている。
②意味が分からないときにはさらに横を見るとその語を含む英文が載っていて、どんな場面で使うのかをチェックできるものを探してみてください。

単語が出てきて、意味が分からないものに関しては、その意味だけを頭に叩き込もうとしてもなかなか頭に入りません。

文の中でシチュエーションを想像しながらイメージ付けをすることで記憶が残りやすくなります。

③単語の横に発音記号、アクセントがどこに来るかの情報が付いたものを選びましょう。

出来れば単語は音と一緒に覚えるのが理想的かつ効率的です。その単語を読んでも、聞いても分かるように、そして後々には口から出せるようにするためです。

ですが実際のところは、「発音記号で音を解明するのは自信ないし、一つ一つ単語の音をチェックするのも時間がかかってしまう・・・。」そう思われる方も多いのではないかと思います。

1周目からあれこれやりすぎて結局挫折・・・となっては本末転倒です。

その場合は、まずは、単語を見て意味が分かるかどうかのチェックを優先しましょう。

音についてはアクセント部分がどこの部分にあるかだけ確認をするだけでもいいと思います。

(それでも英語リズムにはアクセントの感覚は外せませんので、アクセント部分はチェックをするようにしてくださいね。)

④アプリを使って隙間時間に勉強をしたい方は、同じ本のシリーズでアプリが利用できるものを選んでください。

本で学習したものとアプリが連動している方が、復習を効果的にすることが出来ますし、学習範囲や内容のズレなどによるいらないフラストレーションをためなくてもよくなります。

今は色々な本をインターネットで買うことができますが、もしも余裕があれば書店に実際に足を運んでみることをお勧めします。

人と相性があるように、教材とも相性があります。実はこれも結構大切な要素であったりします。

上記のポイントを意識しながら、実際に手に取ってみて、ご自分が「これで勉強したいな。」と思われるものを選んでみてくださいね。