英語上級者の「聞く・話す」に直結する力をつくる

Kyo English Labのブログでは、
英会話トレーニングに役立つ様々な情報を
発信しています。

NOBU式トレーニングを使って英語中級・上級者が話せるようになるための方法

こんにちは、日野ゆう子です。

今日は最近よくご質問をいただくNOBU式トレーニングについてまとめてみたいと思います。

この記事を読むとこんなことが分かります。

  • 英語中上級者でもNOBU式トレーニングやどんどん話すための瞬間英作文などに取り組んでもいいの?
  • 英語中上級者が英会話の基礎体力を養うために知っておくべきこと

英語中上級者でもNOBU式トレーニングやどんどん話すための瞬間英作文などに取り組んでもいいの?

「NOBU式トレーニングやどんどん話すための瞬間英作文って英語初心者の方向きの教材ですよね。」というご質問を受けることがよくあります。

結論からいうと、NOBU式トレーニングは中上級者の方にも充分役立つ教材だと思います。

実際私が行っている英会話力づくりのサポートの中でも英検1級、TOEIC900 点を超える方でも、英会話力の基礎力を強固なものにするためにこういった教材を他の教材と合わせて取り組んでいただくことはとてもよくあります。

英語の力がある方々に対しても、この教材を取り組んでいただくことが多いのは、こういった教材を工夫をしながら使うことで組み合わせ可能な英語の型をご自分の中に取り入れることが出来、そのことがのちの英会話力を効率よく伸ばす基盤になるからです。

この基盤をしっかりと作ることで、もともと持っていらっしゃる高い英語力ものちに活かすことができるようになります。

瞬間英作文系トレーニングの目的

瞬間英作文で取り組でいただく目的は、文の型をかたまりの状態でたくさん取り入れていただくためです。

英会話時には文の型をかたまり単位で取り出し、それを組み立てつつ必要な単語をいれることで瞬時に自分が言いたいことを表現していきます。

そのための型を体に取り入れるためにこの作業を行います。

こういった教材は、今までの「理解できる」「早く解く」という世界から、「自分の言いたいことを相手に伝える」 という新しい力をつくるツールの1つになります。

英語中上級者が英会話の基礎体力を養うために知っておくべきこと

英語上級者の方は普段耳にしたり、読んだりする英語も上級者向けのものが多いので、中学レベルのNOBU式トレーニングやどんどん話すための瞬間英作文を使った学習には「こんな簡単なものでトレーニングしてもいいのかな?」「もっと難しいもので練習した方がよいのでは?」と思われる方もいらっしゃいます。

その場合は、今はご自分がインプットの練習をしているのか?アウトプットのための練習をしているのか?をしっかり整理することをおすすめします。

英語の出来る人のインプットは下記のようなイメージです。

普段難しいレベルのものを見聞きされることが多いので、つい「このレベルと同じでアウトプット、話ができるようにならなければ」と自分に必要のないプレッシャーをかけてしまいがちです。

もしくはTEDなどを見て「(英語上級者だから、それにふさわしい)このレベルのスピーキングができるようになるまで、人前で英語を話してはいけない。」と思い込んでしまう方もいらっしゃいます。

そんな風に自分を追い込んでしまいがちですが、英語学習者として、まず私たちが目指すのは、図2の部分です。

中学英文法と単語が瞬時に使いこなせる状態、高速で処理できる状態です。

一見簡単なレベルの英語に見えるかもしれませんが、これを高速で処理できるようになると日常的な英会話や急な質問などにもご自分の持っている力で対応できるようになります。

英語中上級者が英会話の基礎体力を養うためには、インプットとアウトプットのさの理解、そのうえで英会話で目指すレベルもクリアにしておくことがポイントです。

英語力が高くても、英会話に苦手だと思われる場合は、易しいものを繰り返して着実に発信力の基礎を作るという姿勢が効率よい英会話力づくりのかぎとなります。

「NOBU式トレーニングやどんどん話せる瞬間英作文は中学英語だから幼稚過ぎてとりくめない。」そう思ってしまう場合は、ぜひこのアウトプット、インプットそれぞれのゴール設定を明確にしてみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

この記事があなたの英会話づくりのヒントになればとてもうれしいです。

京都・オンラインの英会話 / 英語上級者の「聞く・話す」に直結する力づくりKyo English Lab

無料教材ワークシート

Facebookでシェア

関連記事

日野ゆう子

英会話学校や大学サテライト授業・個人レッスンにて通算14年・主に成人を対象にのべ3000人以上を指導。「先生なのに英会話が苦手」という悩みを長年抱え、試行錯誤のすえ乗り越えてきた経験から、英会話力づくりのサポートを行っています。ベースには、TESOL(英語教授法)や言葉を効率よく習得する研究(第二言語習得論・脳科学や心理学など)コーチング・異文化理解などを取り入れています。