研究者・大学教員・医師など 専門職の方に特化

英語の資料や論文を日常的に読む またはTOEIC750、英検準1級~ 

でも英会話には苦手意識がある。

 

英文を読む力のある方の「話す・聞く」力づくりに直結する3か月集中トレーニング

いつも必死で聞いて必死で話している。

会話が終わるとぐったり疲れる。

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 自分の言いたいことの30%くらいしか言えない感覚。
  • いつも必死で聞き必死で話している。
  • 会話が終わるとぐったり疲れる。
  • プレゼン後の質問に胃が痛くなる。
  • 海外の方と交流や情報交換の機会があっても話が出来ずに終わってしまう。

思うように言葉が出てこないフラストレーションを抱えたまま、貴重な機会や時間を過ごしてしまうはもったいないことだと感じていらっしゃるのではないでしょうか。

英会話学校では教えてくれない。

英文を読む力のあるあなたが、最短で「聞く・話す」力をつける方法

日常的に英文の資料や論文などを読んでいる または TOEIC750・英検準1級~ といった英語力が高い方が、スピーキング力を上げる効果的な方法があることをご存じでしょうか?

 

「英語を話す・学ぶ機会」の提供を目的とした一般の英会話レッスンとは異なり、

 

日野式英語コーチングでは

 

「言いたいことが30パーセントくらいしか言えない」

「いつも必死で聞き、あせりながら英会話をしている」

 

そんなお悩みを抱えた方が

 

すでに持っている知識を活かしながら

 

「聞く・話す」に直結するスキルを耳と口に落としこみ、

 

暗記に頼らなくても英語で自力で臨機応変に話せるようになる

3か月集中トレーニングを提供しています。

 

このスキルを身につけることは

 

・相手の言うことをより楽に聞ける

・すばやく英文をつくりながら、自分の伝えたいことを言える状態になる

 

そして

 

・英語を使ってのコミュニケーションにより積極的になれる

・人脈やつながりを作れるようになれる

・発信や情報交換がより楽にできるようになる

・(英語を話さない場合よりも)より多くのチャンスをつかめるようになる

 

という変化につながります。


英語でのコミュニケーションという壁を低くすることで、本当にしたいことに集中して取り組めるようになるお手伝いをしています。

んにちは、日野ゆう子です。


英語力が高いけれど英会話力に苦手意識のある方のためのスピーキング力づくりのサポートをしています。

これまでTOEICや英検といった資格試験の講師や発音講師、そしてスピーキング力養成英語コーチとしてのべ13年間


・TOEICハイスコアや英検準1級~に合格された方々や、英語関係のお仕事をしている方々(教師・講師・翻訳など)

・専門性の高いお仕事についていている方々(研究者・大学教員・弁護士・医師など)

の英語習得・技術習得のお手伝いをする機会に恵まれてきました。

また、私自身、英語講師として働く一方で、英会話には長い間苦手意識やコンプレックスがあり、試行錯誤をして乗り越えてきた経験があります。

専門職の方に特化したサポートをしている理由

これまでの講師生活で、専門性の高いお仕事についていている方々(研究者・大学教員・弁護士・医師など)の英語習得・技術習得のお手伝いをする機会に多く恵まれました。
その中で

「本当は意見交換をしたくても、『英語でうまくやり取りができないかも』と話しかけるのをやめてしまう。」

「プレゼンの原稿は事前に準備できても、質疑応答のことを考えると不安になりいつも気が重い。」

「他の国の人達や後輩は英語で思うことを発言しているのに、暗記フレーズ以外口から出てこなくてもどかしい。」
といったお悩みをたくさんお聞きしてきました。

みなさん、世の中をより良くするために、毎日たくさんの時間とエネルギーをかけて研究や指導、サポートを行っていらっしゃる方々です。その成果を、使い慣れた母語ではない、英語で表現しなければならない。大変なご苦労があるのだと感じました。

すばらしい宝物をもった方々が、英会話の壁に邪魔されることなく、
 

・他の国の方々に認識されたり

・情報交換のチャンスをより有効に活用できる

 
今まで行う機会のなかった「聞く・話す」に直結するスキルを耳と口に落としこむ、学習効率の高いトレーニングを通して、お持ちの可能性をさらに広げるお手伝いをしたい。
 
それが忙しい専門職の方に特化してサポートを行っている理由です。

資格

・Advanced Certificate of Neuro Language coaching 上級レベル言語コーチ (国際コーチ連盟準拠) 

・VERSANST スピーキングテスト スコア70

・英語発音指導士

・TOEIC スコア940
・実用英語検定(英検)1級
・第二外国語としての日本語教育種専攻課程修了(日本語教師資格)
・中学校高等学校国語科教員免許
・TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages) 英語教授法 取得
・TEFL (Teaching English as a Foreign Language)英語教授法 取得


英会話学校や大学サテライト授業・個人レッスンにて通算13年・主に成人を対象にのべ3000人以上の指導を経験。


私自身はCEFAR C1レベルのスピーカーで、学習者としてのトレーニングも続けています。

英語力が高い方の英会話力づくりが難航する理由

自分自身、また、多くの方をサポートしてきた経験から

英語力が高いけれどスピーキング力に苦手意識がある方は、英会話力づくりにとても有利な潜在的な力がある一方、共通するご苦労があると感じています。

 

・レベル感が分からない。(初級中級の方と同じテキストを使うと無駄が多すぎるような気がして不安になる。だからといってTEDなどでシャドーイングをしてみてもそれがいつどのように自分の英会話力に結びつくのか分からない。)

 

・自分が理解できる英語と口から出てくる英語の違いが大きすぎて戸惑う。

 

・知識に対して、耳や口が思うようについていかずもどかしい。

 

・自分の話す英語がどのように取られるかという心理的なプレッシャー。

 

おひとりで、こういった葛藤を抱えていらっしゃることがとても多いのです。

どうして「英会話に何となく慣れる」ではうまく行かないの?

英会話は

 

①      相手の言うことを聞きとる

②             意味を理解する

③             自分の言いたいことを思い浮かべる

④             素早く英文や語のかたまりにする

⑤             口から音として出し相手に伝える

 

という各ステップを、スピード感をもってまわす作業です。

 

トレーニングではこの流れにそってあなたの状態・課題をみながら

 

・各ステップに必要な力を養成

・それぞれの力を統合
・すばやく反応する練習

 

を行います。

 

このステップのどこかにつまりがある、またはそれぞれの課程に必要な力が育っていない状態で、

 

・英会話レッスンを受け続ける

・留学など英語環境に身を置く

 

など「英会話に慣れる」作業を繰り返しても、根本的な問題は未解決のまま

 

「長年レッスンを受けているのに上達しない。」

「留学しても話せない。」

というお悩みを引き起こす原因となってしまいます。

 

あとは「聞く・話す」に直結するスキルを耳と口に落としこむだけ

英語力が高いのに思うように話せない。それは、あなたの努力や才能が足りないからでは決してありません。

 

英語を「聞く・話す」に直結するスキルを耳と口に落としこむ機会が、

英語を読む機会や問題を解く機会よりも圧倒的に少なかっただけなのです。

 

もともと英語を読み理解をする力がある方は、あとは「聞く・話す」力をつければよいだけです。

シンプルな目標に向かって、英語力が高い方の強みと課題にあわせた効率の良いトレーニングを行います。

スキルの落としこみで起きるブレイクスルー

英語力の高い方が、安心してご自分の状況を開示できる環境に身を置き、「聞く・話す」スキルを耳と口に落としこむことに特化したトレーニングを行われると、

 

初中級者の方に比べて、早く大きな変化(ブレイクスルー)を感じられる傾向があります。

 

これは、

 

・英語を理解し処理する高い能力をすでに持っている

・そもそも英語に対しての意識や必要性、モチベーションが高い

・もともと努力家なかたが多く、環境やサポート体制さえ整えば行動できる

といった英語力の高い方の強みがあるからです。

 

トレーニングは、あなたの状態をみながら、すでにお持ちのアドバンテージを最大限に活かして行います。

「自分の言いたいことの30%くらいしか言えていない感覚でもどかしい。」「いつも必死で聞き、話している感覚。会話が終わった後にはぐったり疲れる。」このようなお悩みをお持ちの方は体験セッションにお越しください。

 

※MAC環境 ブラウザがCrome をご使用の場合は、カレンダーの表示が正しくされないことがございます。その場合はお手数をおかけいたしますが他のブラウザからお入りくださいますようお願い申し上げます。

3か月集中トレーニングを受講された方の声

「『英検1級に合格する頃にはついているだろう』と想像していたスピーキング力と、自分の実力があまりにもかけ離れていました。」

 

K・M様 (30代・会社員・受講スタート時 英検1級)

 

Kさんは1年前(トレーニングスタート時)英検1級に合格。

すでに高い英語力をお持ちでしたが、スピーキング力には苦手意識があり、トレーニングをご受講。

 

Kさんは時間を工夫し話すための練習を続けられ、3か月修了時は VERSANTスピーキングテストで6点+(49→55→その後2か月ご受講でさらに57)に。「ビジネスで英語ができる上級者レベル」にあと1点のところまで力を伸ばされました。

※Versantテストは、47点で海外赴任が可能なレベルとされ、ビジネスで英語ができる上級者(スコア58以上)は受験者全体の10%以下と言われています。

下記はKさんからのご感想です。


Before

受講前はどのような状態でしたか?

英検1級に合格する頃にはついているだろうと想像していたスピーキング力と、自分の実力があまりにもかけ離れていました。

 

英検の二次試験対策でもスムーズに言葉が出てこず苦労しましたが、その時の苦手意識がずっと続いている感覚でした。

 

話せるようになりたいけれど具体的にどう進んでいったらよいのかわからず、迷っているところでトレーニングの存在を知り参加しました。

AFTER (3か月後)

受講後はどのように変化されましたか?

以前は単語と単語を繋げてなんとか話していましたが、今は自分が考えていることに沿って、自然に文を組み立てながらその場で話せている感覚があります。

 

言いたいことが上手く言えず、話があやふやなまま終わってしまうことも多かったのですが、その消化不良感がなくなりました。

 

単語が出てこない時は、知っている簡単なものに言い換えればいいというのも、頭では分かっていてもできなかったのですが、最近はできるようになり変化を感じています。

「会話になると一切、言葉が出てこないことが悩みでした。

 

T・K様 (会社員・受講スタート時 TOEIC805 点)

 

Tさんは独学でTOEIC学習を続けられスコアは800点を超えるようになりました。

 

「読む、理解することはできる。TOEICなど試験問題のリスニングセクションでは正解をだせるようになった。

 

でも将来海外でお仕事をする可能性も見据えて、

 

『リスニング時にいつも感じる必死な感覚を何とかしたい。』

『話すとなるとほとんど固まってしまう今の状態を改善したい。』」

とトレーニングを受講されました。

修了時にはVERSATスピーキングテストで6点アップ、「海外赴任が可能なレベル」に到達されました。

下記はKさんからのご感想です。

Before

受講前はどのような状態でしたか?

会話になると一切、言葉が出てこないことが悩みでした。

 

またTOEICのようなきっちりした音源でなく、ネイティブ音声であると、簡単な表現も聞き取れませんでした。

 

独学で力を伸ばせたTOEICに対して、英会話はどのようにして力をつけていいのか分からず、プログラムを受講しました。

 

AFTER ( 3か月後)

受講後はどのように変化されましたか?

英会話に対するマインドが変わったのが一番大きいです。

 

間違いたくない、恥ずかしいという気持ちから、言葉が出てこなかったり、言い直しが多かったのですが、「ひとまず話す」、「間違いを気にし過ぎない」というマインドを何度も繰りかえし教えて頂くことで、身につき、実践できるようになった気がします。

 

素早く答えるというメンタリティを獲得できたことも大きかったです。

 

英語で話したいことを、日本語でどの様に概念化するかが、重要だと実感しました。英語で言いやすいよう、シンプルに考えられるようになりました。

 

また、流暢さが大きく伸びました。以前は話ができず止まってしまうことが多かったので、スピーキング練習で長い文章が話せるようになったこと、とにかく話し続けるという意識を持てたことが大きいと感じます。

※その他の方のBefore After やスコアの変化などはこのサイトページ下でもご覧いただけます。

プログラムを受講された方のようにあなたも英語のスピーキング力をあげてみませんか?

ご興味のある方は下のボタンを押して無料体験セッションにお申込みください。

英文を読む力のある方の「聞く・話す」スキルづくりに直結する

3か月集中トレーニングの詳細

集中トレーニングの4つの特徴

①耳と口に徹底的に落としこむ

★暗記や準備をしなくても臨機応変に自分の伝えたいことが言える

トレーニングでは

 

「英語を自然に聞ける耳」

「頭でイメージしたことを、自分の力で、すばやく英文にしながら口からだす力」

 

を集中的に作ります。

 

英語を「聞く・話す」スキルを耳と口に落としこむことで、フレーズや文の丸暗記に頼らずに、臨機応変に自分の伝えたいことを言え、会話のキャッチボールができるようになります。

 

また、英語を「聞く・話す」スキルを耳と口に落としこみ、特別に意識をせず使える状態になると「英語でどう言えばいいのか?」ではなく、あなたが伝えたい話の内容そのものに意識して会話ができるようになります。

 

★一生使えるスキルを得られる

 英語を「聞く・話す」スキルは、自転車に乗ったり、楽器を演奏するスキルと似ています。

一度集中的に耳と口に落としこみスキルを作ってしまうと、一生使い続けることができ、この先ずっと「英会話力」というツールをもった人生を歩めます。

★楽にメンテナンスやスキルアップができる

一度「聞く・話す」スキルを身につけてしまったら、あとは継続的に英語に触れ、使うことでその力や感覚を維持できます。

 
また、英会話の土台がしっかりと出来るので、その後のスキルアップが楽になります。

 

トレーニング期間修了後には、トレーニング時に行ったやり方を使って、必要なボキャブラリーや必要な専門用語、言い回しなど表現の幅を、ニーズに合わせて自力で広げられます。

★人前でも英語を話しやすくなる

現実的な英会話力づくりと並行して

下記のような葛藤に対し、トレーニング期間を通じて新しい意識づけのサポートが受けることができます。

 

・英語力が高い日本人学習者の多くが悩む「見聞きする英語と自分が話せる英語の差」

・語学を学び話そうとする人に共通する「間違いへの恐れ」

・日本人学習者に多く見られる「完璧・1つの正解を求めるくせ」「ネイティブ思考」

世界の中でも、日本人学習者は特に英語で話すことに対して心理的に高いハードルを持っていると言われます。

マインドセットの変更で、自分の話す英語への批判が少なくなり、ノンネイティブスピーカーとして、人前でも自信を持って英語を話しやすくなります。

②「聞く・話す」に直結し、無駄がない

★「聞く・話す」に直結する優先度の高いことから取り組める

トレーニングでは、英会話を構成する「聞く・話す」の各ステップに必要なスキルの養成と各スキルの統合、耳と口に落としこみスピード感をもって使えるように練習を行います。

 

どこに課題があるのか、また強みがあるのかはお一人おひとり違います。トレーニングはマンツーマンで行うので、あなたにが話せるようになるために優先度の高い練習から取り組めます。

★今あるものですぐにスタートできる

 

英文を日常的に読んでいる方は、英語を処理し理解する土台をすでにお持ちです。そのため下準備をすることなく「聞く・話す」スキルを耳と口に落としこむ練習をすぐに始められます。

例えば、英語初中級者の方には必要になる

・文法項目の理解や整理

・英文読解対策

・英語の構造を知り、慣れることを目的にした集中的なインプット

など、「知識を増やすこと」には(あなたのご様子を見て、特別に必要でない限りは)時間を使いません。

③ 研究や理論をベースに学習効率を高めたプロが考えたプログラム

★効率よく力を伸ばせる

トレーニングのサポートのベースには、

「効率よく言葉を習得するための研究や理論」

 

・第二言語を習得するためのメカニズム

・脳や感情の動きについての研究

・英語教授法

など科学的な研究やデータを積極的にとりいれています。

 

人によって効果の差が激しい個人的な経験や、たまたまうまくいった体験や勘だけにたよらない、土台のしっかりしたサポートを受けることができます。

★納得、安心をして取り組める

サポートを行う上で、コーチは

 

「トレーニングで目指すことは何か」「(つまりがあるときは)なぜその症状が起き、どうしたらその状態がよくなるのか」「現在はトレーニングのどの段階にいて、これからどのようなことをするのか」

 

等、お知らせをすることを大切にしています。

 

 

取りくむ目的やあなたの状態がクリアになることで、迷いがなくなり、トレーニングに納得・集中をして取り組めます。

 

すきま時間も有効活用できるから専門家のように忙しい人でも負担が軽い

★短時間でも濃い内容の練習ができる

一つひとつのトレーニングにスキルを伸ばすための明確な理由があります。そのためすきま時間や短い時間でも、内容が濃い練習を積み重ねられます。

スクールによっては、1日に3時間、4時間の学習量を求められる場合もあります。学習量が多いことに越したことはありませんが、お忙しい生活の中で毎日長時間の時間捻出は現実的に難しいというケースも多くあります。

 

トレーニングは、すきま時間を合わせてトータルで1日80~90分程度で行えるようプランニングを受けられます。

トレーニングの進み方

トレーニングはマンツーマン英語コーチングというスタイルですすみます。

英語コーチング受講の流れ

専属の英語コーチが付き、あなたの英会話力づくりを総合プロデュース


・週1回の面談+週約6日の自習にコーチが伴走(下記のように進みます)

 

①ゴールと道のりのあぶり出し

②英語力・英会話力診断

③強み&課題の発見・おひとりおひとりに合わせた教材の選択・カリキュラムの作成

④1週間~10日に一度のセッション(学習の振り返り・進捗確認・カリキュラム調整)

⑤3か月 毎日の学習進捗報告や課題の提出・(コーチからの)フィードバック


期間:3か月 1ターム(その後はご希望により1か月単位で延長可能です。)


受講対象:TOEIC750点・英検準1級~

その他詳細について体験セッションにてお知らせします。

 

・あなたのために選ばれた教材や学習法をつかって英会話力を伸ばす学習法です。

マンツーマン英語コーチングスタイルで学ぶメリット

① あなただけに合わせたサポートがプロから受けられる

グループコーチングやクラスでは得られない、マンツーマンだからこそのあなただけに合わせたサポートが受けられます。

※コーチは上級言語コーチ(国際コーチ連盟準拠)としてコーチングのトレーニングを修了しており、お一人おひとりの中から力を引き出すサポートを大切にしています。

 

トレーニングの初めに、

 

・英会話でどのような状態になりたいかを具体的にイメージ。実現可能な状態に落とし込みます。めざすゴールがクリアになります。

 

・あなたの現在の英会話の状態を色々な角度から詳しく診断し、現在地を確認。本質的な英会話力をつけるために活かせる強みや、課題を発見します。

トレーニングは

 

 ・「聞く・話す」に直結スキルをそれぞれひたすら耳と口に落とし込み、(特別に意識をしなくても)使える状態にする

・スキルを統合してすばやく使えるようにする

ことを目的に行います。

このトレーニングを一人でなく、プロと一緒に行うと良い理由は

客観的なフィードバックと周期的なチェックを通して、

・間違った(聞く・話す際に活かしにくい)形での取入れを防ぐ

・中途半端なところでやめる、または他に進んでしまうことで結局使えるスキルに転化しないままになることを防ぐ

・次のステップに進む適切な時期の見極める

・必要なスキルの取り入れ方や取り入れ順を個人の傾向や進捗に合わせて調節する

ということができるからです。

②「今日すること」にもう迷わない

あなたが英会話力を効率よく身につけるために必要な教材選択や具体的な学習・練習方法がクリアになります。

 

学習タイプや現在のご状況・生活スタイル・進捗や習熟度に合わせてカスタマイズされたあなただけのトレーニング内容を受けとれます。

 

また毎日取り組むことが決まっているため、「今、何をするか?」に迷うことがありません。すぐにスキルをつけるためのトレー二ングに取り組めます。

③ 習慣化するための仕組みがある

 

「聞く・話す」スキルを耳と口に落としこみ、臨機応変に使えるようになるためには、期間中の集中的・継続的な練習が大きなカギとなります。

毎日の進捗報告や内容のチェックとフィードバック、週1度の面談など続けるための仕組みを使ってトレーニングを習慣化できます。

またトレーニング期間に英語を聞き・話すことを日常のあたりまえにしてしまうことで、修了後もその習慣を自分で続けることができます。



集中して「聞く・話す」スキルを作れる環境


「聞く・話す」スキルづくり以外のことに無駄な時間やエネルギーを使いません

英会話力を効率よく養成するために必要な3つの条件をコーチが代行・サポート。

学習まわりのあなたの負担が減り、本当に必要なことだけに時間とエネルギーを使えます。

1)あなたにあった学習・練習法の発見や計画する☚コーチが代行 

2)学習・練習を実際に行う☚コーチがサポート(やり方指導・フィードバック)

3)継続をして結果をだす ☚コーチがサポート(面談・毎日の進捗確認)

一般的な英会話学校とくらべて約4~13倍練習します

※下記表を基に計算しています。

月の学習時間の比較(めやす)
 

 

オンライン英会話

週6日 1回25分受講をした場合   
月合計12.5時間

英会話学校

週1回 50分受講した場合
月合計4時間

英語コーチングプログラム   

★週6回 1日 2時間学習をした場合

月合計54時間
★週6回 1日1.5時間学習をした場合

月合計40.5時間

「聞く・話す」スキルを耳・口に落としこむをために重要なのが練習です。

一般的なオンライン英会話や英会話学校は学習時間はレッスンをしている間に限定されます。

一方、英語コーチングは自習がベースとなっているため隙間時間を活用をして、週5~6日×時間の練習時間の確保が可能です。

受講された方のご感想より

英会話力を作ために ある程度まとまった時間を一定期間費やすことは必須だと思います。
   
学習の第一歩として、学習の習慣化や効率的な学習方法等、コーチングで一度道筋を見つけ、その後の学習に弾みをつけるのは非常に有意義だと思いました。

またトレーニングの意義や目的をしっかり教えていただき、納得感を持って取り組むことができました。 
K様
20代  男性
 
 
コーチが私の弱点を見極め、自分に必要な学習プログラムを提案し、私のライフスタイルに合った学習方法やスケジュールを組んで下さいました。  
約一週間に一度のコーチとのセッションでは達成出来た事や難しく感じた事、自分の要望などを話しあい振り返ることで その都度学習プログラムも改善されました。 
毎日コーチへの学習報告に対しても細かなフィードバックの指導もあり、限られた時間の中で効率よくそして何より楽しみながら学習が出来た事が良かったです。
 
NH様
50代 女性

3か月後の変化

トレーニングに真剣に取り組まれた場合、3か月後のめやすとして、このような変化を感じるかたが多くいらっしゃいます。

※一般的な変化のめやすです。結果はそれぞれの方の状況によります。

6か月後の変化

※一般的な変化のめやすです。結果はそれぞれの方の状況によります。

トレーニングを受講した生徒さまのBefore・After の一部(3か月)

★Before  言葉が出てこず、英会話がなかなか前に進まない状態 

 

→  After  スピーキングテストで海外赴任レベルに到達、身の回りの色々なトピックで言い直しや止まる回数が大きく減りスムーズに話せるように。(スタート時 TOEIC805点の方)

 

★Before 英語を話そうとすると適切な単語が見つけられず、会話が頻繁に中断。2文ほどで会話が終了する 

 

→  After ご自分の言いたいことは、ストックの英語を使いながらほぼ伝えられ、思考が続けば何文でも話せるように。 (スタート時 英検1級の方)

★Before 何度も言いなおして会話が進まない状態、文を作っている間に結局何を言いたかったか忘れ、途中で会話をあきらめることも。  

 

→  After 即興でも止まらずに1分スピーチができる。言い直しなく会話が続くように。(スタート時 英検準1級 TOEIC870 点の方)

★Before 英文を作っているあいだに時間が過ぎ、相手とやり取りがスムーズにできない。 

 

→  After 身のまわりのトピックについて英会話で相手とやり取りを楽しみながら30分以上話せるように (スタート時 英検準1級の方)

★Versant スピーキングテスト スコアアップ例(一部)

スコア

 

45→49(ご受講後 2か月 CEFR A2→B1へ海外赴任が出来るレベルへ) 

42→48(ご受講後 4か月 CEFR A2→B1 海外赴任が出来るレベルへ)  

49→55  (ご受講後  3か月 CEFR B1→B1+  スコア6点アップ )  等

 

様々な方が結果を出し、英会話力を身みにつけて次のステージへ進んでいらっしゃいます。

スコア5アップ

このような変化を体験してみたい。

ご興味のある方は下のボタンを押して無料体験セッションにお申込みください。

受講された方のご感想より(独学との違いについて)

「TOEICは反復練習やテクニックを学ぶことで、比較的自学自習が可能だと思います。

しかし、スピーキングは、総合的なスキルを使える状態にまでもっていくことが難しく、練習相手も必要です。

自身の発話内容を適切にフィードバックしてもらうことで、加速度的に上達すると痛感しました。」T様

「巷には、SNS、書籍、youtubeなど様々な学習法の情報があり、どれも良さそうに思えてしまいます。

 右往左往して、結局学習自体に時間を割けないのが一番勿体ないと感じたので、適切なアドバイスをくれるコーチの存在は重要です。」K様

「他の勉強に比べて、スピーキングの練習はとにかく「どう進めれば良いか」でわからない部分が多く、私は正直独学ではできなかったと思います。

先生を信じてとにかく与えられたものをこなす、それだけに集中できたことが今の私には合っていて、とても良かったです。」M様

3か月集中トレーニングが向いている人

3か月集中トレーニングが向いていない人

よくあるご質問

Q.3か月集中トレーニングと英会話学校とは何が違いますか?

3か月集中トレーニングでは、英語コーチングスタイルをとり、1週間を通して「あなたの英会話力を上げるための総合的なサポート」を行います。

何をどのように学習・練習すれば英会話力を改善・向上できるかについて、総合的・効果的なアドバイスやサポートを継続して受けられます。

英会話学校では、レッスン参加時間内に、所定の項目を学ぶ・練習するという形状が一般的です。

Q.英会話のレッスンを受けられますか?

学習・練習の進捗チェックとして面談の中で英会話を行うことはありますが、英会話の内容を教えるレッスンはプログラムでは行っていません。

 

段階に応じて、プログラム中にアウトプットの機会として外部オンライン英会話(月額6000~10000円程度)をご利用いただくことがございます。

(その際は受講準備・モニタリング・復習のサポート・フィードバック有)

Q.面談やサポートは日本語でうけられますか?

課題以外の面談・相談・やり取りは日本語で行っています。

Q.短期集中で英会話力が上がりますか?

英会話力をつけるために必要な学習・練習を集中的に行いますので、正しい方法できちんと継続した練習を行えば力を伸ばすことができます。

 

 

効果を上げるために、3か月集中トレーニングでは1日1時間30分程度の学習時間をとるご意思のある方(すきま時間も含める)を受講の対象者としております。

 

お仕事や急なご予定などが入る場合は他の日にキャッチアップの時間を設ける等、学習時間(いつどの項目を行う)の使い方やすきま時間の利用の仕方などは、ライフ・キャリアスタイルに合わせてコーチと整理をすることができます。

Q.TOEIC750 ~英検準1級以上ですが専門職には就いていません。受講は可能ですか?

はい、ご受講いただけます。基準の英語力がある方であれば職種にかかわらずサポートをさせていただけます。

Q.周りに英会話を練習していることを知られると恥ずかしいのですが・・

プログラムの受講者には、お仕事のお立場上、周りに知られずに練習をしたいという方もいらっしゃいます。

 

コーチには守秘義務がございますので、安心してご相談ください。

Q.ネイティブスピーカーのような英語が話せるようになりますか?

このプログラムで目指すのは、第二言語話者として世界の色々な国の人(もちろん英語ネイティブスピーカーも含みます)とコミュニケーションを取れる英会話力を身につけることです。

 

自分の言いたいことをストレスなく伝えられる本質的な英会話力を養成することを目的としているので、

 

ネイティブスピーカーが使うナチュラルな表現や「ネイティブならこう言う」ということを習得していきたい方には適しません。

 

※当プログラムで本質的な英会話力を身に着けた後に、ご自分でネイティブスピーカーの表現をストックし、枝葉を伸ばしていくということは可能です。

Q.発音の細かい指導はうけられますか?

英語コーチングでは英会話力づくりに集中するため、発音そのものを良くするサポートは行っておりません。

 


発音そのものの改善をご希望のかたは、発音レッスンにて対応しておりますのでお気軽におたずねください。

Q.いつから始めるとよいですか?

すでに英文を読んで処理ができるレベルに達していらっしゃる場合は、すぐにお始めいただけます。

 

何もしなければ3か月はあっという間に過ぎてしまいます。ですがこの期間に「聞く・話す」スキルを落としこみ、英語を話す感覚を掴んでしまうと、その後英会話の現場で出来ることが変わります。また土台ができているので、効率の良いスキルアップをすることができます。

 

スタートを早めることでその後の時間を有効に使うことができます。

あなたも英語コーチングを試してみませんか?

スピーキング力養成のためのマンツーマン英語コーチングがどのようなものかもっと知りたい という方は体験セッションにお申込みください。

 

無料体験セッション(60分)でできること

 

①英会話について、あなたのお悩みや実現したい夢になどお話を伺います。

②あなたの「英会話でこうなりたい。」という目標を具体的で実践可能な段階まで落としこみます。

③英語で短い会話をして、現在の状態の簡単なチェック・課題や改善ポイントの洗い出しを行います。

④英語コーチングのプログラムが向いていると思う方にプログラムの詳細のお知らせいたします。(無理な勧誘等はございませんのでご安心ください。)

ゴールやそれにむけて必要なことがクリアになることで、

これからの英会話学習の方向性が決まり、大切な時間やエネルギーを有効に使えるようになります。

 

体験セッションのご感想

英語を勉強したいという気持ちはあっても具体的な目標などはかなりぼんやりしていたのですが、そこから上手に聞きとって整理整頓してくださり、

体験セッション終了時には自分のゴールや道筋が以前より明確になり「一歩前進した。」と感じました。

 

また、いままでのわたしの英語学習が自己満足や中途半端で終わっていた原因は、目的を達成するために最適な勉強方法を選択できていなかったことだなと分かりました。

 

そういう点でコーチングでは最適な道筋を案内してもらうことができるため、一人で勉強するよりも効率的かつ確実に目的達成をすることが出来ると感じました。

(T.Y様 会社員)

「頭と口と耳の英語回路をつなぎ話す力をつくるプログラム」にご興味のある方は、下のボタンを押して無料体験セッションにお申込みください。

※MAC ⇒ブラウザがChromeをご使用の場合、ページが正しく表示されないことがございます。その場合はお手数をお掛けしますが他のブラウザからお入りください。