スピーキング力を構成する3つの要素とは?

スピーキング力養成に必要な3つの要素とは?

こんにちは、日野ゆう子です。

「スピーキング力を身に着けるために必要なことって何ですか?」とおたずねいただくことが良くあります。

今日はその時にお伝えしている、スピーキング力を作るのに必要な要素についてまとめていきたいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

日本人が英語を話すために必要な3つの要素

スピーキング力を伸ばす要素①知識

言語を話すためには、その言語を構成する単語や文法への知識・理解が欠かせません。

(TOEICでハイスコアをお持ちの方、英検準1級~をお持ちの方の場合は、一般的なスピーキング力を作るための知識に問題があることはほとんどありません。

 

すでに持っている知識を運用させることにフォーカスを置くことを重視されることをお勧めします。)


一般的なスピーキングの力が出来たあとは、ご自身の世界や目指すところで必要とされる単語(専門的な単語やビジネスで使われるフレーズ・ナチュラルな会話のための言い回しやPhrasal Verb(句動詞)など)を必要に応じて取り込み、話せる範囲を広げていくことが出来ます。

 

スピーキング力を伸ばす要素②運用力

頭で理解している知識を、実際にコミュニケーションのために使用、運用していく力です。

 

これまでTOEICや英検受験を中心に学習をしてきて、スピーキング力に苦手意識を持っている方に特に不足をしていることが多いのがこの力です。

「今まで一生懸命英語を勉強してきたのに、どうしてこんな簡単なことも言えないんだろう・・。才能がないのかな。」(かつての私自身も含めて)このように悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

 

英語の勉強をしてきたのにうまく言いたいことが言えないのは、才能がないからではありません。多くの場合、運用力を伸ばすための練習が足りていないだけなのです。

運用力は、繰り返しのトレーニングで効率よく伸ばすことが出来ます。

はじめは「分かっているのにすぐに反応できない」ことでもどかしい思いをされるかもしれません。

その時は、「分かることと実際に使うことは別の作業だ」と割り切って練習を続けましょう。

 

スピーキング力を伸ばす要素③マインド

英語を話すとき、常に自分にダメ出しをしたり、間違いを気にしてしまうことで委縮してしまい、余計に話せなくなる感覚はありませんか?

 

会話を見ている第三者にどのように思われるか気になって、集中ができないということはありませんか?

日本人は特に英会話に対するダメ出しや周りにどう思われるかを気にする傾向が強いと言われています。

 

自己批判の癖のせいで本来出せるはずの力が発揮できなかったり、パフォーマンスを下がるのはとても残念なことだと思います。

 

一方で、自分を認められること、自分にOKを出せるマインドをもてるようになると、語学を上達させるうえで不可欠な失敗も上達のためのプロセスだと前向きにとらえ活用することが出来るようになります。

心の持ち方やありようはお一人お一人違います。

そのため、英語コーチングのプログラムでは、どのように考えるとあなた自身が自分にOKをだせるか、ダメ出しをしないでよくなるか、整理をしていく過程を用意しています。

お一人で取り組まれる場合も、ぜひあなたの気持ちを大切にしながら、自分の良いところ、出来たところにフォーカスをする習慣をつけるようにしてみてください。

 小さなことでも「出来た」「進歩した」と認める癖・良いところを見る癖をつけることで、それが習慣となります。

もちろんこれは出来ないところを見ないようにするということではありません。

出来なかった部分は、「伸びしろ」として「これが出来るようになればさらに力が付く」ととらえるようにしてください。

視点を変えるだけですが、この癖がつくとパフォーマンスにもよい影響が出てくるようになります。



いかがでしたか?もし話すことに行き詰まりを感じていてらっしゃる場合はぜひ、下記3つのどこにつまりがあるか確認してみてください。

①知識 ②運用力 ③マインド

そこに英会話力改善のヒントが隠されています。


下記の無料ダウンロード教材では

「英語が話せるってどういうことなの?」「いつになったら『英語が話せる』と言えるんでしょうか?」

というTOEICハイスコア保持者の方々からのご質問にお答えして、英会話力のゴールのイメージ作りの解説をしております。

とくに②③運用力と、マインド面での整理に役立ちます。こちらもぜひご活用ください。

無料ダウンロード教材

イティブスピーカーや流暢に話せる方と自分を比べてはいつも落ちこんでしまう・・

下記のようなお悩みを持つあなたにおすすめの無料ダウンロード教材です。

・いつまでも「TOEICのスコアはあるのに英語が話せない」と自信のない状態が続いている。

・いつになったら英語が話せるようになるのか分からず辛い。

・周りの人からどう思われているかが気になって、会話の相手や内容、タスクに集中することもできずもどかしい。

この教材を読むと、「スコアもあるし、英語も話せる」と感じられるようになるためにはどのような状態を目指すとよいのか、具体的にイメージをすることができるようになります。

い。