エピソード

TOEIC900を超えても英会話に自信が持てなかった私がパーソナル英会話トレーナーになったきっかけ

こんにちは、日野ゆう子です。

ここでは、英会話力に自信の持てなかった私が、自分自身がパーソナルサポートを経験したことでパーソナル英会話トレーナーとなるまでの経緯を書いてきたいと思います。

(少し長くなりましたので、ご興味のある方のみご覧いただけましたら幸いです。)

英語を教えているのにうまく英語が話せない

私が英語のパーソナルトレーニング※を受けたのは、「英語を教えているのに、自分がうまく英語が話せているとは思えない」という状態にずっと苦しんでいたからでした。

当時、私は英検1級、TOEICも900点半ばの点をとっていて、資格対策や発音などを中心に英語を教えていました。

自分の必要なことを伝えたり、相手の言っていることを聞く等、必要なことは出来たのですが、英会話に苦手意識を持つようになっていました。周りの流ちょうな人を見ると何かが違います。

※私が受けたものはパーソナルコーチングと呼ばれていました。
この記事ではそのままパーソナルコーチング、指導してくださった先生をコーチという呼称で書いています。

英語を話すのにものすごく体力を使う

自分が無理をして話しているように感じるのです。何というか「英会話という作業」をすることにものすごく体力を使っているイメージでした。

私と流ちょうに話す人たちの英語の間には、ものすごく大きな壁があることがあるのは分かります。

でも、何が足りなくてそうなっているのか。どうやってその壁を越えればいいのか、近づいたらいいのかさえ分かりませんでした。

英語のやり直しを始めたころ、TOEIC900 を超えたら、英検1級になれば英語はペラペラに話せるようになると思っていました。でも実際にそうなってみても、自分が思い描くような状態には全然近づきません。

自分の英語は勉強の世界の中でしか使えない?

今までずっと勉強してきたのに、英語で流ちょうに話せるようになるまで、これからあとどれだけ勉強しないといけないんだろう・・。

「本当はもっと自由に英語で情報収集したり、コミュニケーションをとれるようになりたい。

もっとリラックスして英語が話せるようになりたい。

でも、私はこのまま一生『英語の勉強の枠』出られないではないか。

自分の英語は勉強の世界の中でしか使えないものなのかな・・。

自分の納得する状態になりたいけれど方法が分からず、もやもやする苦しい状態が続いていました。

何度も言いなおしては疲れ、焦ると空回り

check

当時の私は、自分が何か英語で話すと、同時に自分の中でチェックを始めるようになっていました。

「今のはこの単語を使ってよかったのかな?」「この文法の方が合ってたっけ?」

自分でチェックをしだすと、言い直さずにはいられません。間違った部分を何度も言い直すと、流ちょうさが余計に失われます。

結局何について話しているのか忘れてしまったり、相手を意味なく待たせたり・・。焦れば焦るほど、余計にうまく回らなくなっているような気がしました。

もっと長いセンテンスを言いたいと思って、使ってみようと思ってもよく分からなくなって、途中で愛想笑いでごまかすこともありました。そんな時には自己嫌悪に陥ります。

今ならなぜ、当時の自分がそのような状態だったのか何をすればよかったのか分かります。

でも、その時は何が問題かも、何から手を付けていいかも分からず、「うまく行かないこと」に対してのフラストレーションと不安が日に日に強くなっている感覚ばかりでした。

周りからどう思われるか気になる

周囲からの評価も気になりました。

レッスンをしている教室にはネイティブスピーカーの方もいたのですが、その方々と話すたびに「『こんなので英語を教えているのか』と思われていないか…」、「周りの日本人の方から『先生なのに、しどろもどろで話してる』と思われていないか…」が心配でした。

私は教える仕事が大好きです。

「だからこそ、先生としても自信をもって話せるようになりたい。良い見本になりたい。変なところは見せたくない。」

色々な思いがあるものの具体的な一歩が踏み出せず苦しい思いを抱えていました。

私の抱えていた2つの悩み

今振り返ると当時私は2つのことに悩んでいました。

1つめは、「自分の英会話力を伸ばしたいけれどどうしたらいいのか分からない」という技術面での悩み
2つめは、「人目や周囲からの評価が気になって英会話に集中できない」という気持ちの面での悩み です。

何とかしたくて、私はよいとされている練習を色々と行ってみました。オンライン英会話レッスンも密かに試しました。

でも、(当時の私の授業の受け方では効果がでないのは仕方がないのですが)残念ながら回数を重ねても上達する実感はありませんでした。

情報が多すぎて迷う

書店やインターネットで見つけた様々な方法も見つけては試します。

でも少し試すと自分に合っているのか不安になります。そして「もっと効率のいい方法があるのではないか。」とネットサーフィン。

私は講師という仕事を長くしてきて、物事に取り組んで結果を出すには一定の時間を継続的にかける必要があることはよく理解していたつもりです。

そして学習法を調べることは「英会話のスキルを上げるための勉強」にならないことも分かっているのに、気が付けば「調べもの」ばかりしていました。

search

まるで、どこにもない答えを探して、それでもあきらめきれず歩いているような気持ちでした。

恥ずかしくてなかなか相談できない

一方で「英語の講師なのにこんなことで悩んでいるなんて誰かに知られるのも恥ずかしい…。」

そのような気持ちもあり、誰にも相談できないまま時間はただ過ぎていきました。

「英検1級をとってもこんな風に思うのなら、もう通訳学校などに行って通訳をめざすなどしかないのかなあ。そうしたら話す英語に自信がもてるのかな。」

ついにはそのように思いはじめた時に、ふとしたきっかけで英語のパーソナルトレーニング(コーチング)という存在を知ったのです。

5年以上悩んでいたことが晴れてきた

5年以上の間、私はこのような「自分の英会話力を伸ばしたいけれどどうしたらいいのか分からない」という状況に悩まされていました。

自分に合った学習法がないかをインターネットで調べ、書店では気になる本を買い、試してみて不安になり、また調べなおす…。

不安な気持ちや、確信のもてないままの日々を過ごしていたのに、そうやって長い間頑張っても、見つけらなかった答えが、英語コーチと話して数時間後には見えてきたのには本当に驚きました。

スタート前の迷い

コーチと話す中で、英語習得について自分のゴールや思いをしっかりと整理ができ、私の状態を俯瞰でみてそれぞれの悩みに対して具体的なアドバイスをいただくことができました。

それまで長い間英語を学んだり、教えたりしてきましたが自分の英語学習をこのように体系的に見ていただいたのは初めての経験です。

お話を伺いながら、「自分の力を伸ばすためのチャレンジを思い切ってしてみたい。」「もう、あの迷いの日々から抜け出したい。」という気持ちが強くなり、受講を決めました。

そうは言っても、もちろんトレーニングをスタートする前に迷いがなかったわけではありません。

「お金と時間をかけて、いつもと同じように迷いがでて、結局出来なかったらどうしよう。」そんな不安がありました。

ですが、いったん学習をはじめると、いつのまにかその気持ちはなくなっていました。

課題が決められているってこんなに楽なのかと驚いた

まずスタートして一番に気が付いたのが「課題が決められている事ってこんなに楽なのか。」ということです。

それまでは私は自分の勉強を自分でプロデュースしなければなりませんでした。自分に合う教材は何かを考えて、探し、口コミを見て、買い、一日に行う文量を決めてやってみる・・という作業を常に「これでいいのか?」と思いながらこなしていました。

トレーニングが始まると、私がすることは目の前の課題だけ。余計なことを考えるストレスや時間も減り、そのことがとても快適に感じられました。

今まで答えを見つけられなかった理由

トレーニングを始めて、今まで色々な学習法や教材を調べても、常に落ち着かず、目移りを繰り返していたのはなぜか、正体がやっとわかってきました。

それは「(自分で選んだ学習法や教材が)私にあっているのか不安」だったからです。

それはつまるところ、「どうせ勉強をするなら損することなく要領よく勉強したい」=・自分にとって必要なことだけを勉強したい・無駄なことにエネルギーを使いたくない・でも英会話力を着実に伸ばしたい という気持ちから生まれていたものでした。

冷静に考えてみると私というのは世界に一人しかいません。

当たり前ですが、書店にある本も、インターネット上にある学習も「あなたの英会話力診断」をしてくれるわけではありません。

私のために作られたものでないという時点で、私の不安を解決してくれるものはなかったのでした。

私は、誰か私の英会話力を伸ばすことができる人に「大丈夫、その学習法はあなたに必要な物だから安心して使っていいよ、時間とエネルギーを費やしていいよ。」と言ってもらい、安心して時間やエネルギーを使いたかったのだと気づきました。

私の目指すゴールを具体的にすることからスタート

トレーニングのスタートは私の目指すゴールの整理から始まりました。

私は長年ペラペラになりたいと思っていました。 でも「日野さんのいう流ちょうとかペラペラというのは具体的に言うとどのようなものですか?」と問われると漠然としたことしか言えません。

コーチの色々な質問に答えながら、私は、ずっとその抽象的でふわっとした得体のしれないイメージを長年追っていたことにはじめて気が付きました。

英会話がうまくなりたいけれどそのイメージが具体的でないのです。

コーチと話をすることで、めざしたいゴールが明確になりました。

goal

「どのような状況でどのように話せるようになりたいのか。」それが自分で分かり、その状態にいる自分の様子を具体的に思い描くとモチベーションがぐっと上がりました。

英会話力のチェックで得られたもの

英会話力のチェックでは緊張しましたが、客観的に英会話力を見てもらってこそのスタートだと、色々な話題についてコーチと話をしました。

楽しい雰囲気で会話をしている間にも、コーチは冷静に私が希望するゴールに近づくために何が必要なのか、そしてそのためにはどのようなことが必要なのかを割り出してくださっているようでした。

「必要な話は出来るけれど『体力を使っている』『無理をしている』・・」

私は英会話の時にいつもこのような感覚をもっていました。

この感覚は口でもうまく言いあらわせないし、自分の脳内で起こっている事なので、簡単に伝わるものではないと思っていたのですが、そんな私の状態がコーチにはしっかり伝わっていて驚きました。

今の状態を改善・向上するためには何が必要なのか。どうすればよいのか。

客観的なフィードバックと具体的な練習が提示されたことで「スピーキング力を伸ばすために頑張ろう。」とやる気が沸いてきたのでした。

何のために練習をしているのかが分かって安心できた

私は英語の発音を教えていますが、その時に常に気を付けていることがあります。

それは「目の前の生徒さんのどこが問題で、どのように練習をするとそれが改善されるのか」をしっかり見つけ出し、そのことを具体的にお伝えすることです。

ただ漠然と「この練習をしてください。」とお伝えするのと、全体から俯瞰した現在の位置、現在の位置を進めるために必要な練習、練習の目的と意味、やり方をしっかりお伝えするのとでは、生徒さんの練習の意識と力の出方が大きく変わると気が付いたからです。

逆に言うと、私もこれを知って学びたいタイプです。

why?

英語のトレーニング中「英会話力を伸ばすために、今何の練習が必要で、どのような目的や意味があるのか。」納得して練習を行えたことが私にはとても合っていました。

そのことで、これから行う努力がどこに向かっているのかを自分で把握でき、頑張れば着実に進めるのだというやる気を持つことが出来ました。

いいところを見せたくて頑張ったこともやがては学習習慣に

support

毎日の学習報告をしたり、課題をチェックしていただくサポートがあったことも助かりました。

はじめはやる気であふれていても、それだけでは進めないこともあります。

仕事が急に忙しくなったり、家族の用事が突然入ったり、そんな日は「今日はもう勉強しなくてもいいか。」と思う日もありました。

きっと一人であれば、コーチに学習報告をしなければよければ、課題を送らなくてもよければ、「まあいいか。」と終わらせていたと思います。

それが何日も続くと、そこで勉強は終わってしまうかもしれません。そういう小さなところが学習のターニングポイントなのだと思います。

大人の毎日は忙しくて、誘惑もたくさんあり、大変です。

そのような時でも、コーチと課題を共有していることで、「コーチに報告しなければ。」「(私の成長を応援しいつも喜んでくれる)コーチにいいところを見せたい。」という気持ちで学習を続けることが出来ました。

不思議なもので、どのような時もとりあえず学習を続けること、課題を送ることを繰り返していると、毎日の学習が「当たり前のこと」となってきます。

忙しい時もそうでないときも、やる気があるときもあまり出ないときでも、とにかく淡々と学習を続ける。

その繰り返しでコーチング期間が終わるころには「学習しないと何だか気持ち悪い」状態になり、それは今も学習習慣として私の中で定着をしています。

スピーキング力を維持したり、伸ばすためには細くても学習を続けることは欠かせないので、この時付いた学習習慣はトレーニング修了後にもとても役立っています。

課題の提出で度胸が付き、フィードバックが励みになった

課題の確認はラインやメールで行われることも多く、その取り組みにフィードバックが返ってくることも、大きな励みになりました。

シャドーイングの仕上がりのチェックや、スピーキングを聞いていただいたり。

うまく行ったところはもちろん、課題が残るところについては具体的にどうすればもっと良くなるのか、アドバイスをいただくことでスピーキング力を伸ばすポイントがはっきりわかってきました。

自分の課題の音声を送るのは初めは本当に勇気がいることでしたが、慣れてくるとそれがだんだん当たり前になり、それが「人前で話すことへの慣れ」につながったと思います。

ダメだしの癖がなくなって見えたもの

24時間テレビでマラソン走者を陰ひなたになりサポートするコーチをご覧になったことがある方も多いかもしれません。

私のとってコーチはそんな存在でした。

同じゴールを目指して進みます。

そのため自分の課題はもちろん、出来るようになったこと進歩したことも「こんなことを言ったら自慢していると思われるかな?」というような心配をすることなく、躊躇なく共有できるようになりました。

また、私の状態を全体的に把握してくださる方がいると思うと、安心して過ごすことができました。

コーチに「以前は出来なかったけれど、今はこのくらいの文が出てくるようになりました。」「こんな風にスムーズに口が回るようになってきた感覚があります。」とよい変化を伝えることで、客観的に自分の成長を振り返る癖がつきました。

それまでの私は、自分の力が伸びても、それにはあまり気づかず「ここが出来ていない」「ここを伸ばそう」と自分に厳しくしがちでした。

少しずつステップアップしていたとしても、その状態にいる自分にはすでにそれが当たり前の状態になっているのでなかなか自分を認められません。自分にダメだしばかりをしていると自信もなかなかつきません。

成長があればきちんと承認をしたり、それを喜ぶことは、脳の働きの観点から見ても、効率よく力を伸ばすために欠かせないステップなのだそうです。

実際に自分の進捗を把握することは、学習へのモチベーションにつながりました。

また、ダメだしばかりををする癖がなおると、それはそのまま自分のスピーキングにも反映されることに気が付き驚きました。

私は話しながら自分にダメだしをして、会話が途切れたたり、頻繁に言い直しをする癖があったのですが、その傾向が改善していたのです。これはとてもうれしい発見でした。

英会話を邪魔していたメンタルブロックとは?

面談の時に、長年私の心にブレーキをかけていた「自分の英会話が人からどのように思われるかが気になる」という問題を整理することが出来たことは私にとってのブレークスルーとなりました。

「私の目指すスピーカーとは何だろう・・・。」

改めて考えることで、自分はどのようなスピーカーになりたいと思っているのか、自分の気持ちがようやく分かってきました。

「私はネイティブスピーカーになりたいのではなく、第二言語として英語をしっかり話す人」を目指したい、「先生だけれど同時に学習者でもあるのだ。」というのがその時出てきた気持ちです。

自分の立ち位置を決めてからは色々な変化が起こりました。

自分でどのようになりたいかを整理し決められたことで、これまでの「先生だから完成品でなければならない、間違えてはならない」という苦しい気持ちも変わりました。

「失敗してもそこから学ぶ姿を見せることもいいことかも」「自分の失敗から、クライアントさんによいものを提供できれば、それも素敵なことではないか」と前向きにとらえることが出来るようになったのです。

自分の気持ちがはっきりしたことで、今まではりつめていた気持ちがすごく楽になり、まるでメガネを付け替えたように見える世界が変わり驚きました。

今の私は、自分の話す英語が人からどう思われるか、ほとんど気になりません。

もちろん間違いをすることも色々あります。うまく言えないこともたくさんあるのですが、そんなときは「新しい表現を学ぶチャンス」と前向きにとらえ、目の前の会話に集中できるようになりました。

数か月前の自分と比べて感じた変化

わずか数か月の取り組みでしたが、コーチと共にトレーニングを行ったことで、私は結果的に英会話力を大きく伸ばすことができました。

口から出てくる英語が以前よりずっと滑らかになり、会話のキャッチボールが以前よりもずっとスムーズにできるようになりました。

英語を話すことにかけていた体力が減って、その分話の内容そのものにエネルギーを注げるようになったイメージです。

話すこと自体も楽しめるようになりました。

ずっと悩みだった人前で英語を話すときの心のブロックを取り除くことができ、前向きに自然体で英語を話せるようになりました。

スタート時を振り返るとまったく違う場所にたっているような気がします。

教材をリサーチし、試してみては過ぎていく、それまでの年月と比べるとこの3か月は私の人生を変えるきっかけを作ってくれた、発見と成長の時間となりました。

「英会話力を伸ばすにはパーソナルコーチングだ」と確信する

自分自身の体験から、また、教える仕事に長く携わってきたものとして、試験対策等と比べて、自分の英会話力を客観的に捉えて課題を把握、改善することはとても難しいと感じました。

伸ばすべき力の方向性が変わるからです。

試験対策の英語が「頭でじっくり考える」ものであるなら、英会話は「体で瞬時に反応する」スポーツに近い要素が多くあります。

だからこそ、英会話力を伸ばすにはパーソナルトレーニング(コーチング)がとても有効だと確信しました。

「自分の英会話の問題とそれを解決するための方法が分かるだけで、効率よく英会話ができるようになる人がたくさんいる。」

「でも、かつての私のようにその方法が分からなくて迷ってつらい思いをしている方がたくさんいるのも知っている。今度は私が同じように困っている方のサポートをしたい。」

このように思ったことが、パーソナル英会話トレーナーとして学びと活動を始めるきっかけです。

HYパーソナル英会話トレーニング

パーソナル英会話トレーニング
各種メニュー
プロフィール
体験セッション/お問合せ
・アクセス(京都 四条烏丸・五条・全国オンライン対応)
・ブログ
・アメブロ
動画(ラララ英語講座)

または info@kyoenglish.com
※お問い合わせには48時間以内にお返事を差し上げております。
返信が届かない場合はお手数をおかけいたしますが迷惑メールフォルダーをご確認ください。