英検準1級・1級をとったのに英会話力に自信がない方がすぐに実践できるゴール設定のこつ

こんにちは、日野ゆう子です。

私が英語のやり直しを始めたのは大人になってからです。その後1年ほど一生懸命勉強をして取れたテストのスコアがTOEIC550相当だったのですが、その時に英検1級を持っている方にお会いする機会がありました。

英検1級を持っているその方は(人物的にも本当に素敵な方だったのですが)、私に取ったら雲の上のその上のような存在でした。

「英検1級なんて持っていたらもう本当にペラペラで何も不自由すること何かないんだろうなあ。ネイティブスピーカーとほぼ同じなんだろうなあ。」そんな憧れの気持ちで見ていたと思います。

実際に英検1級を取ってみると、上記の考えは私の場合には全くあてはまらず、「英検1級をとったのにこんなにうまく話せないなんて・・じゃあいったいどうすれば英会話ができるようになるんだろう。」合格のうれしさや達成感と同時に、自分の出来ない事への不安や焦りのようなものを感じました。

このようなイメージです。

そして今、色々な方のスピーキング力アップのサポートをするようになって、この思いは多くの英語上級者の方に共通するものだと感じています。

英語上級者の方が英会話ができるようになるためのゴール設定の仕方

今回こういったお悩みをお持ちの方のために「英語上級者の方が英会話ができるようになるためのゴール設定の仕方」についてお伝えしていきたいと思います。

この記事を読むと、

  • 英会話が出来るようになるための現実的なゴールの設定の仕方
  • その後の英会話力の伸ばし方

が分かるようになります。

英語上級者が英会話で苦しむ理由

英語上級者の方が「英会話が苦手なんです。」とおっしゃる場合、理想とする英会話の設定が高すぎてそこに到達できないことで苦しんでいらっしゃるケースが多々あります。

インプットとアウトプットのレベルの混同で起こること

TOEICで800、900とスコアを取る方や英検準1級、1級の力のある方は普段目にしたり耳にしたりする英語のレベルも高くなります。すると「自分もそのレベルの英語を使いこなさなければ」と思ってしまうことがあるのです。

TEDや英語のニュースサイトなどに日常的にアクセスする人も多くなります。レベルの高い英語に常に接することで、無意識のうちに自分の話す英語についてもそのレベルの英語を求めてしまいます。

その結果自分の現在地とその「流暢なレベル」に乖離がありすぎて、話すことが怖くなったり、どこまで勉強すればいいのか分からなくなりと途方に暮れてしまうという状況に陥ってしまうのです。

話す英語のレベルを設定しなおす

自分の話す英語のレベルをもう一度設定しなおしましょう。

一般的な日常会話では、中学3年間の英文法(余裕があれば高校1年生くらいまでの英文法)+最重要単語2000語をすぐに口から出せる状態になれば、かなりのことを言えるようになります。

高速で処理できるようになり流暢さの感覚を掴む

ここでポイントがあります。

目標を上記のレベルの文法や単語をつかって高速で自分の言いたいことを言えるようになるように設定してください。

英会話を高速で処理するとは?

日本語の会話をたとえに考えてみましょう。

日本語の会話をしているとき、下記のようなシチュエーションではそれぞれどのような返答の仕方をしているでしょうか。

  1. 自分の考えをまとめるのに時間がかかる場合
  2. 答えが明確な場合

自分の中で答えが明快ですぐに答えられるような質問の場合は、答えを言い始めるまでの時間はとても短いと思います。

日本語の会話でも相手が言っている問いに対して、自分の考えがまとまらずよく考えてから会話をすることがあるかと思います。それは「自分の考えをまとめるのに時間がかかっている」ということです。

その時には、「そうですねえ・・」とか「うーん」「えーっと」などの言葉を使ったり、しぐさで相手に「今考えています。」ということを伝えながら自分の考えをまとめていく方が多いのではないでしょうか。

英会話も同じようなスピードで反応することを目指す

英会話の場合も、全く同じではなくても感覚的には日本語の場合と似たようなスピードで反応することを目指してみましょう。
(※但し、ここで使う英単語や文型は先ほどお伝えした中学英語、2000語レベルの英単語でOKです。母国語である日本語と同じレベルのものをめざそうとはしないことが大切です。)

難しい表現や単語にこだわらず、すぐに応答できるようにすることが大切です。

英会話でなくすべき間とあってもいい間とは?

英会話では

  1. 自分の考えをまとめるのに時間がかかっている のか
  2. 言いたいことを表すための英文や単語を探して時間がかかっているのか

が混同されてしまいがちですが、ここを自分でクリアにしましょう。

1については「考えているんだからOK」と割り切ること。(日本語同様 Well…などの「考えています」という言葉のストックし使えるように練習をしておくこと)
2で時間がかかる状態をなくす。←ここに重きを置きます。

あっていい間となくすべき間を自分の中でクリアにすること、「何を言おうか分かっているもの」に関してはすぐに言える状態を作る、なくすべき間をしっかりなくす努力をすることが大切です。

反射力をしっかり鍛えてから次のレベルへ移動

かつての私を含め、今までサポートをしてきた英語上級者の方々の英会話の苦手意識は、この簡単な英文を使った高速処理の練習を甘めに行ってしまうことにより発生していることが良くあります。

このレベルを高速で処理出来ないまま、普段見聞きする少し難しい単語や構文が気になりそちらへ手を出してしまう。

そのことで結局全体的な仕上がりが甘くなり「言いたいことを言うのに時間がかかる」「素早く言葉がでてこない」というお悩みを抱えてしまうという感じです。

まずは、「インプットとアウトプットのレベルは違っていい」と覚悟を決めて、スピーキングのアウトプットに関しては中学3年間の英文法(余裕があれば高校1年生くらいまでの英文法)+最重要単語2000語を高速で処理できるようにしてみましょう。

おすすめ教材

「言いたいことを言い表したいけれど、必要な文法表現がすんなり出てこない。」

そんな場合にはまず、使いこなせる文法の型を増やすことが大切です。

瞬間英作文系のトレーニングをおこないましょう。下記2冊の本がおすすめです。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

森沢洋介著
ペレ出版

 

NOBU式トレーニング 

山田暢彦著
 IBCパブリッシング

「話せる感覚」を身に着ける大切さ

自分の言いたいことを高速で素早く言えるようになると、軽やかに英語を話す感覚を掴むことが出来ます。まずはこの「話せる」感覚を掴むことが大切です。

話せる感覚がつかめると自信が付きます。この自信は対人のコミュニケーションを行う上でとても大切な土台になります。

さらにスピーキング力を伸ばす

設定したレベルで高速で言いたいことが言えるようになり、自信をつけたら、「もう一つ上のランクの英単語を使えるようにしてみよう。」「この言い方いいなあ、真似しよう。」と枝葉を伸ばしていきましょう。

素早く話せる感覚を身に着けてから、徐々に自分が言える単語や使える文のレベルを上げていくと「うまく話せない」「言いたいことをいいのに時間がかかる」「英会話が苦手」というコンプレックスにとらわれることなく、英会話力を伸ばしていくことが出来ます。

いかがでしたか?

英語上級者の方が英会話ができるようになるためには以下のことを大切にしてください。

  • 一般的な日常会話では、中学3年間の英文法(余裕があれば高校1年生くらいまでの英文法)+最重要単語2000語をすぐに口から出せる状態にする
  • まずはこのレベルの英語を高速で使いこなせるようなることに集中する
  • レベルアップはそのあと必要に応じて行う

今回の記事でお知らせした方法を実践するための教材を無料プレゼントしています

以上、英語上級者の方が英会話ができるようになるためのゴール設定の仕方やその力を伸ばすためのトレーニング方法をお知らせしました。ここでは瞬間英作文系のドリルを使ったトレーニングについてお伝えをしています。

瞬間英作文は英語上級者の多くの方が取り組み、話すためのツールを獲得してきた効果的な方法ですが、自分の言いたいことをすぐに言えるようになるためにはそれを使いこなすための力が欠かせません。

そのこつをまとめたPDF教材をメルマガ登録をしてくださった方に無料プレゼントしています。

この教材では瞬間英作文で身に着けた型を瞬時にカスタマイズし、言い合いことがいえるようになるための3つのこつとそのトレーニング方法についてお伝えしています。しっかり活用していただくことでよく起こる「瞬間英作文を身に着けたのに話せない」というお悩みを回避していただくことが出来ます。

~瞬間英作文で効果がでない原因はカスタマイズ力不足~「英語で言いたいことがすぐ言えるようになる」ための3つのこつ (PDF41枚)

メルマガ登録はこちらのページよりお受けしております。

あなたが今お持ちの英語力をスピーキング力につなげるためのパーソナル英会話トレーニングを行っています

「努力してTOEICのスコアも700を超えたのに、いざ会話になるとうまく話せない。」

「会話への苦手意識や恐怖心があることで、自分の英語力に自信が持てずスキルとしてアピールできない。」 

そのようなお悩みをお持ちではありませんか?

あなたがこれまで頑張ってこられたことは決して無駄ではありません。

これまで努力をしてきたのに英語を話すことができないのは、あなたの中にある英語力をスピーキングにどのように結び付けたらよいのか分からないからだけなのです。

パーソナル英会話トレーニングでは、あなたの英語力とスピーキング力をつなぐ、橋づくりのサポートをしています。

橋は一人でつくることも可能です。

ですが建設経験や設計図のないままの橋づくりは、思うように進まなかったり、途中で崩れてしまったり、思っていた方向につながらなかったり、途中であきらめてしまったりというトラブルも多く発生します。

パーソナル英会話トレーニングでは、第二言語を習得するためのメカニズムや脳や感情の動きについての研究結果、英語教授法など、客観的なデーターや知識とこれまでの13年の英語講師としての経験から、あなたの英語力とスピーキング力をつなぐ、効率よく頑丈な橋づくりのお手伝いを行います。

体験セッションはこちらより

最新情報をチェックしよう!