Versant ヴァーサントパートB 概要・対策とスコア70の私が行った対策

こんにちは、日野ゆう子です。

最近、少しずつ浸透してるVersant ヴァーサント のスピーキングテストですが、「どのように受けたらいいの?」「どう対策をしたらいいの?」とご相談を受けることが多くなりました。

今日は私が行っているPart B問題対策をまとめます。

この記事を読むと以下のことが分かります。

①Versant スピーキングテスト Part B の概要
②Part B 受験時の注意点
③Part AB具体的な試験対策
④スコア70の私が実際に行った対策

Versant 他パートの対策はこちらからどうぞ
Versant ヴァーサントパートA 概要・対策と スコア70の私が行った具体的対策
Versant ヴァーサントパートB概要・対策と スコア70の私が行った具体的対策
Versant ヴァーサントパートC 概要・対策と スコア70の私が行った具体的対策
・Versant ヴァーサントパートD概要・対策と スコア70の私が行った具体的対策
Versant ヴァーサントパートE概要・対策と スコア70の私が行った具体的対策
・Versant ヴァーサントパートF概要・対策と スコア70の私が行った具体的対策
・Versant ヴァーサントで結果を出す!受験環境の整え方

①Versant スピーキングテスト Part A 問題の概要

※テストの内容説明は2021年4月現在、Versatのテストを運営するPeason (https://www.pearson.com/)のサイトに書かれていることをもとにしております。変更の可能性もありますのでご了承ください。

サンプルテストチェックで概要をつかむ

なお、Versant についてはこのパートに限らず、サンプルテストが公開されています。

サンプルテストで雰囲気をつかんでからこちらの記事を読むとよりイメージがわきやすくなると思いますので、ぜひ下記をチェックしてください。
こちらよりサンプルテストを開くことが出来ます。
アプリ版のサンプルテストはこちら 実際のテストはスマートフォンで行われる方がほとんどだと思うので、こちらでサンプル受験して、感覚をはじめにつかむことをお勧めしています。

問題数 16問

問題内容 音声で流れた文章を音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返す

診断スキル「文章構文」「流暢さ」「発音」
※最大15語までの文が読まれ文章は徐々に難易度が上がります。

Please repeat each sentence that you hear.
Example : a voice says,

” Leave town on the next train. “and you say, ” Leave town on the next train.”

https://www.versant.jp/_common/_js/pdfjs/web/viewer.html?file=speaking_test.pdf

このように” Leave town on the next train. “ と聞こえてきたら、同じように” Leave town on the next train.” と言います。

Versant のTest Description and Validation Summaryには 5語くらいからなるフレーズ(例” the really big apple tree”など)としてを日常的に処理している人であれば15語~20語のセンテンスをリピートすることができる と書かれています。

逆を言えば日常的に英語を使い処理している人以外には負荷がかかるパートとなりますので、トレーニングを行っておきましょう。

Get some water.

Let’s meet again in two weeks.

Come to my office after class if you need help.

Test Description and Validation Summary


②PartB 受験時の注意点

1)「自然に」「普通の会話のように」話す

・テスト全体でのSpeaking Tip (受験のヒント)として、下記のようなことがあげられています
It is important to speak naturally During the test.(自然に話すように受験をすることが大切)

Speaking at a normal speed like you would during a conversation.(会話の時のような普通のスピードで話しましょう。)

Speak like you are taking to a person on the phone. There is no need to speak too carefully or slowly.
(電話で話をしているように話しましょう。必要以上に慎重に話したり、ゆっくり話したりする必要はありません。)
Speak at a normal volume, not too loud or too soft.
(普通の声の大きさで話しましょう。)

上記はテストで出される実際の指示です。

何度も「自然に」「普通の会話のように」という部分が何度も強調されていますね。必要以上にゆっくり話すとそれがマイナス評価になってしまうので、ナチュラルスピードを心がけましょう。

基本的にBに関しては、文・イントネーションを含めて聞こえたままを繰り返しましょう。聞き取れなかった部分は仕方がありませんが、聞けた部分については同じ意味を表す他の言葉などを使わないよう気をつけましょう。

2)言い直しはしない

言い直しをすると、減点をされてしまう可能性があります。特に私たち日本人学習者は、「正確性」を求めて音読文をゆっくり読んだり言い直しをする傾向にありますので注意が必要です。

3)分からなくても聞き取れた部分を言う

原則として聞こえたままフルセンテンスで答えると、Test Description and Validation Summaryにも記述されていますが、すべての文が聞き取れない場合も、聞き取れた単語、もしくは似た音だけでも言うようにしましょう。

4)集中して聞くこと

音声は聞きにくく、またノーマルスピードで読まれるものがほとんどです。気を抜いたり、他のことを考えると聞き落としが出てきます。集中して聞くことが大切です。

また集中して聞ける状態をつくるために、問題の形式や問題数に慣れておくこと、騒音が聞こえるなど雑念の入る部屋での受験は控えるなど工夫をしてください。

5)間に慣れておく

テストはどれもそうですが、そのテスト特有の間があります。その間の感覚に慣れておくことで焦ったり、逆に時間が足りなくなったりすることなく問題を進んでいくことができるようになります。

VERSANTパートB対策

①TOEIC パート1.2で対策

ピンポイントの練習課題としては、TOEICパート1.2を使うのが手軽です。最大15語までの文を聞いて、リピートするという問題形式なので、おすすめです。

TOEIC対策用のアプリや音声をスマートフォンに入れて、隙間時間に練習ができるようにしておきましょう。

使い方

テストと同じように、1文を聞いたら文をとめて、リピートするという形で練習しましょう。
「1文を聞いて、聞いたことを覚えて、それを声に出す」作業に慣れることでが大切です。

②シャドーイング

上記と並行して、シャドーイングのトレーニングも行いましょう。ここでは、流暢性と発音も評価されます。シャドーイングはこちらの評価を上げるのに効果的です。

流暢に英語を話す(音声面)ためには
①英語の音の変化のルールを押さえる
②シャドーイングや音読でそのルールを強化、無意識でも処理できるようになる
③実際の発話時にもそのルールを適用する

というステップが効率的です。(詳しくは下記プレゼントにて内容をご確認ください。

只今英会話力を伸ばすための具体的な対処法が学べるレポートをプレゼントしています。

「これを読む前にオンライン英会話を始めるな! 遠回りしない英会話学習ガイド 〜オンライン英会話で話せるようになる為5つの事前準備〜」

公式ライン こちらをタップで追加(または @466jojrc で検索) で友達追加をしていただくとダウンロードしていただけます。

 

上記①の練習が終わった後にシャドーイングを行うと効果的です。何度もシャドーイングを行うことで口周りが動きやすくなり、英語らしい音が出しやすくなります。

④スコア70の私が実際に行った対策

問題に慣れたかったので、TOEIC パート1.2を使って1文聞く・止める⇒聞いたことを言う というトレーニングを行いました。

おすすめ再生アプリ

TOEICのアプリだと、一文ずつ止めることが出来ないというものもありますので、問題集をお持ちの場合は、その音声を使い練習をするのもおすすめです。

その際に活躍するのがこちらのAudipoというアプリです。

倍速再生や速度を落としての再生、途中からのピンポイント再生やリピート再生などが簡単な操作でできます。

これを使い、1文ずつ聞く ⇒ 止める ⇒ 言う を行いました。

問題が流れている間の過ごし方

2パターンの聞き方を試しました。

1つ目は、音に集中をして覚える方法

2つ目は、音が流れている間にシャドーイングを行う方法(うるさくないよう心で行います)

私は、2つ目のシャドーイングを行う方法があっていたのでこちらで聞くようにしました。前置詞や冠詞などの取りこぼしが少なくなりました。

試験までにスタイルを確立することが大切

試験全般に言えることですが、サンプル問題を何回か試してみて、試験までに「自分の受け方のスタイル」を確立しておくことが大切です。

例えば、私はパートBについてはシャドーイングを行う方がうまく行きましたが、人によっては目をつむってただ音声に集中をしていた方が良いという方もいらっしゃいます。

大切なことは、当日までに選択肢を色々と試してみて、自分にとっての最適を見つけ、試験日に迷わないということです。

まとめ

今回はVersant Part Bの対策について書きました。

①Versant スピーキングテスト Part B の概要
Part Bは16問の復唱問題
②Part B 受験時の注意点
ゆっくり読みすぎず流暢さを大切にする
言い直しをしない
分からなくても聞こえた単語など言えることを言う
集中して聞く
③Part B 具体的な試験対策
・TOEICパート1.2を使う
・再生アプリの活用
・英語の音の変化やリズムの下地を作った後にシャドーイング
④スコア70の私が実際に行った対策
・音が流れている間の過ごし方を決める

 

いかがでしたか?

HYパーソナル英会話トレーニングでは、Versant のスコアアップのサポートも行っております。詳細はこちらよりご確認ください(トレーニング内容をVersant 対策用にカスタマイズすることが可能です。)

 

最新情報をチェックしよう!