英語の思考法や論理展開をシンプルに手に入れるにはこの本がおすすめ!ハーバード式5行エッセイ英語学習帳

こんにちは、日野ゆう子です。

こちらの記事に書きましたが、英語を話すときには英語の思考で話す、日本語を話すときには日本語の思考で話す・・意見を述べるための型を身に着けることも大切です。

英語を話しているのに日本語の型(結論後回し型)で話をすると聞き手にストレスを与えてしまいます。

でも「思考の型・・どこでで練習すればいいのか分からない・・。」そんな気持ちになってしまわれる方も多いのではないでしょうか。

そんなときにおすすめしたいのがこの本です。

ハーバード式5行エッセイ英語学習帳

この本がすばらしいのは、「自分の身近なこと」「日常のちょっとしたこと」で英語型の思考 結論→理由→理由→理由→結論 を練習できることです。

例えば、自己紹介、自分の好きなペット、私が欲しいもの、将来の夢・・など。徐々に自分の意見や考えを語ろうと難易度も上がっていくのですが、一貫しているのはそのシンプルさです。

この本は、「5行の文を書き、それに肉付けしていく」シンプルなその作業を何度も何度も繰り返すことで、英語の思考のエッセンスを取り入れられるように構成されています。

「頭でわかった」と「出来る」は違います。

新しいことを取り入れるためには、理論に納得し、何度も繰り返し、あまり考えずにそれが出てくる状態にすることが大切です。(言語習得ではこれを自動化と言います。)

スピーキングにもライティングにも役だつこの本、英語は話せるようになったけれど、論理的に話すのが苦手な方はぜひ練習にとりいれてみてくださいね。

スピーキング力養成英語講座では英語の思考の取り入れ方の練習も行っております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

最新情報をチェックしよう!